オンライン診療で「緊急避妊薬」はどうなる? 医師も危惧するGW10連休中の処方

ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)

2019/02/13 07:00

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「オンライン診療と緊急避妊薬」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

あわせて読みたい

  • 緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?

    dot.

    10/21

    年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況

    dot.

    12/4

  • 医師として女性として「緊急避妊薬」について考えること
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    医師として女性として「緊急避妊薬」について考えること

    dot.

    10/10

    薄毛治療も「遠隔診療」で 会わないことがハードル下げる

    薄毛治療も「遠隔診療」で 会わないことがハードル下げる

    AERA

    10/29

  • オンライン診療初体験 56歳シニア記者「こんなに簡単なのか!」

    オンライン診療初体験 56歳シニア記者「こんなに簡単なのか!」

    週刊朝日

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す