大学崩壊? 授業料高騰と人文系学問の消滅…すでにアメリカが迎えている危機とは

大学入試

2018/12/05 16:00

連日多くの観光客が訪れるハーバード大学の授業料は年間600万円近くにも上る (c)朝日新聞社
連日多くの観光客が訪れるハーバード大学の授業料は年間600万円近くにも上る (c)朝日新聞社

 アメリカではすでに問題となっている、大学の授業料高騰。日本の大学も危機的状況にあると、現役のアメリカ大学教授であり、竹内洋・関西大学名誉教授との共著『アメリカの大学の裏側』(朝日新書)を出版したアキ・ロバーツさんは警鐘を鳴らす。授業料値上げが引き起こす問題とは? ロバーツさんにご寄稿いただいた。

*  *  *
 先日、日本のテレビ局の取材スタッフがアメリカに住む私のところにやってきた。12月5日放送の『緊急! 池上彰と考えるニュース総決算! 2018ニッポンが“危ない”』(TBS系)で日本の未来にかかわる危機的状況をいくつか取り上げるようで、高等教育がそのひとつだという。

 特に大学の授業料の値上げが近い将来起こることが懸念されているという。日本の大学のモデルとなってきたアメリカの大学での授業料の高騰とその弊害について質問を受けた。昨年刊行した拙著『アメリカの大学の裏側』でアメリカの大学の影の部分にフォーカスしたからか、他の問題点についても聞かれた。

 日本では大学の授業料の高騰はまだ未来の心配かもしれないが、アメリカではすでに起こっている現実問題だ。アメリカの大学の授業料は数十年かけて上がり続け、四年制私立大学の平均年間授業料は3万ドル(約340万円)以上にもなってしまった。これは日本の四年制私立の約4倍にもなる。ハーバードなどの有名私立では、年間600万円近くになるところもある。日本の国立や公立大学にあたる州立大学でも有名大学は授業料が高い傾向にある。例えば、カリフォルニア大学バークレー校の州外学生の年間授業料は400万円以上だ。

 授業料の値上げはさらなる問題を引き起こしている。一番深刻なのは「教育の市場化」である。大学は学生を高額の支払いをしてくれる「お客様」と扱いだし、彼らを満足させることに必死になっている。例えば良い成績の大判振る舞いである。アメリカの成績はA、B、C、D、F(Fは不合格)と上から五段階だが、四年制の大学では半分近くの成績がAであり、授業料の高い大学ほど成績インフレはひどい。

アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

アキ ロバーツ,竹内洋

amazon
アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

NEXT

学生募集のため教育とは関係のない部分の強化も…

1 2

あわせて読みたい

  • 日本の大学卒業率は「異常」? 激化する大学間競争のなかで地方大学が果たす役割とは

    日本の大学卒業率は「異常」? 激化する大学間競争のなかで地方大学が果たす役割とは

    dot.

    4/8

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

  • 「成績不振だと強制帰国で全額返金」関西外大の手厚い奨学金と英語教育

    「成績不振だと強制帰国で全額返金」関西外大の手厚い奨学金と英語教育

    AERA

    11/25

    留学は下火、それとも人気? 海外で学ぶメリットの現状

    留学は下火、それとも人気? 海外で学ぶメリットの現状

    dot.

    2/18

  • 実は怖い教育ローン 55歳バツイチ子持ち男性を待っていた衝撃の結末とは…

    実は怖い教育ローン 55歳バツイチ子持ち男性を待っていた衝撃の結末とは…

    dot.

    2/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す