「おじちゃま」と寅さんを呼んだゴクミが帰ってきた (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「おじちゃま」と寅さんを呼んだゴクミが帰ってきた

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子
記者会見で笑顔の後藤久美子と山田洋二監督(c)朝日新聞社

記者会見で笑顔の後藤久美子と山田洋二監督(c)朝日新聞社

「男はつらいよ!寅次郎紅の花」の撮影現場 浜辺に立つ、左から寅さん役(渥美清さん)、リリー役(浅丘ルリ子さん)、満男の恋人・泉(後藤久美子さん)(c)朝日新聞社

「男はつらいよ!寅次郎紅の花」の撮影現場 浜辺に立つ、左から寅さん役(渥美清さん)、リリー役(浅丘ルリ子さん)、満男の恋人・泉(後藤久美子さん)(c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 泉はゴクミだからもちろん美少女だが、それだけでない人物造形に山田監督の「ゴクミ感」が表れている。泉ちゃん、寂しい子なのだ。

 水商売をする母(夏木マリ)と会社員の父(寺尾聡)が別居、泉は母について葛飾から名古屋へ。だが名古屋になじめず、母の故郷の佐賀へ。泉は父を慕って復縁を望むが、父には女の人がいて、それは宮崎美子なのだが、それが明らかになるのは43作なのだが、そんなこんなで泉はよく、「満男さんは幸せだから、そんなことが言えるのよ」と言う。満男は泉が大好きだが、まだ子どもで無神経なことを言ってしまうのだ。

 寅さんも満男の両親(前田吟と倍賞千恵子)も、泉と親しく接することになる。満男も含め、全員が「泉ちゃん」と呼ぶ。泉は先ほど書いたように「満男さん」と呼び、その両親を「おじさん」「おばさん」と呼ぶ。だが、なぜか、寅さんのことだけは「おじちゃま」。登場人物中、唯一の「ちゃま」なのだ。

 何度も書いて恐縮だが、57歳だ。リアルタイムで「男はつらいよ」を観ていた。高校2年の正月2日、寅さんを観に映画館に行ってドアを開けたらすし詰めの満員で、そのままドアを閉めて帰った記憶がある。料金をどうしたかなど、この記憶には疑問点が多いのだが、要は生活の中に「男はつらいよ」があったということだ。

 話を泉に戻すと、そんな寅さんウォッチャーだった私は、どうも「おじちゃま」がなじめなかった。

 山田監督が後藤さんの中に「憂い」を見ていたことはよくわかった。「ゴクミ」が流行語大賞に選ばれるような、華やかな大輪の花(という表現も昭和的だが)の中にひそんだ暗さ。それが「男はつらいよ」のペーソス(渥美さんの体力低下とともに増していった)にぴったり合うこともわかった。

 後藤さんは42作から45作まで4作連続で出演し、泉もおさげ髪から軽いソバージュ(!)になるまで大人になっていった。そして一貫して寅さんを「おじちゃま」と呼んだ。寅さんが立っているところに、「おじちゃまー」と言いながら駆け寄り、抱きつくというシーンが多かった。苦手だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい