【ドラフト2018】DeNA、一番手は根尾…キャプテン筒香の「後釜」に育つ可能性も (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2018】DeNA、一番手は根尾…キャプテン筒香の「後釜」に育つ可能性も

氏原英明dot.
大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

 次候補になるスラッガータイプの野手指名も検討したい。高校生で候補となるのは松井義弥(折尾愛真)、野村佑希(花咲徳栄)あたりか。守備、走塁のクオリティーを求めるなら、山下航汰(健大高崎)も入ってくるだろう。また、宮崎タイプの後釜候補では、野村大樹(早実)が適任だ。松井は身体能力の高いアスリートタイプで、爆発的な伸び率が期待できる。野村は岡本和真(巨人)タイプの懐の深いアーチストだ。

 捕手も高校生を中心に候補対象となってくるため、野村の指名は願ったりかなったりだ。クレバーなタイプの野村はデビューに時間を要するだろうが、地道に昇ってくるはずだ。宮崎のような選手にも十分になり得る。

 投手陣は右不足を改善したい。ことしは高校、大学、社会人に実力者が揃い、どのあたりを狙っていくか。

 安定感なら、社会人の岡野祐一郎(東芝)、大学では清水昇(国学院大)らか。昨今のDeNAは高校生投手の成長も著しいが、戸郷翔征(聖心ウルスラ)、米倉貫太(埼玉栄)、土居豪人(松山聖陵)など素材系を中、下位で獲得して、育てあげたい。(文・氏原英明)

●プロフィール
氏原英明
1977年、サンパウロ生まれ奈良育ち。地方新聞社勤務を経て、03年からフリーライター。夏の甲子園は03年から大会をすべて観戦取材するなど、アマチュア野球に精通。現在のプロ野球選手のアマチュア時代を知る強さを生かし、プロの現場でも成長ぶりを追いかける。一方、最近では個性がどう生かされているかをプロアマを問わず観戦の主眼に置いている。近著には「甲子園という病」 (新潮新書)がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい