巨人がドラフト1位で狙うべき選手は根尾昂ではなく吉田輝星だ【西尾典文】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人がドラフト1位で狙うべき選手は根尾昂ではなく吉田輝星だ【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
金足農・吉田輝星 (c)朝日新聞社

金足農・吉田輝星 (c)朝日新聞社

・巨人おすすめ指名選手
1位:吉田輝星(金足農・投手)
2位:柿木蓮(大阪桐蔭・投手)
3位:小郷裕哉(立正大・外野手)
4位:直江大輔(松商学園・投手)
5位:山口航輝(明桜・外野手)

 菅野に次ぐ先発投手が手薄であることを考えると、真っ先に補強したいのは将来の「エース候補」になる。ここではやはり、高校生ナンバーワン投手の呼び声高い吉田の1位指名を推したい。夏の甲子園での活躍が鮮烈だったため急に出てきた印象を持たれているが、仮に地方大会で敗れていたとしても上位指名されるだけの実力者である。素晴らしいのがそのフォーム。下半身の柔軟性と強さは高校生離れしたものがあり、バランスの良さは間違いなく一級品。今年の夏、あれだけの球数を投げることができたのも、この強靭な下半身とフォームがあったからこそである。最速152キロをマークしたストレートや多彩な変化球など一つ一つのボールのレベルも高いが、相手や場面を見て投げられる投球術にも素晴らしいものがある。一年間投げ続ける体力面と、プロのレベルで必殺となる変化球は課題となるが、完成度も非常に高いため2年目からローテーション入りすることも十分に考えられるだろう。

 現状を見ると吉田一人では物足りないと考え、2位で柿木、4位で直江と素材型の投手をさらに追加した。柿木は吉田ほどではないものの、夏の甲子園で評価を上げた一人だ。全身を使ったダイナミックなフォームから繰り出すストレートは最速151キロをマークし、粗っぽいように見えてコントロールも安定している。根尾昂と藤原恭大の陰に隠れがちだが、高校生の右腕では総合的に見てトップクラスの実力者だ。ともに甲子園を沸かせた吉田と二人がローテーションで並び立つようなことになると、一気にチームの将来が明るくなるだろう。直江も素材の良さでは負けていない。まだまだ細身でスピードは140キロ台前半と物足りないが、長いリーチをしなやかに使える腕の振りは一級品。しっかり体を作って鍛えれば、将来ローテーション入りを狙えるだけの選手である。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい