滝沢秀明”引退”でわかったジャニーズにおけるカリスマ性とは? プロレスファンをも魅了  (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

滝沢秀明”引退”でわかったジャニーズにおけるカリスマ性とは? プロレスファンをも魅了 

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
FAXで送られてきた声明文

FAXで送られてきた声明文

 05年放送のNHK大河ドラマ「義経」では、当時としては最年少で主役に抜擢され、翌06年からは23歳にして座長を務める「滝沢演舞城」をスタートさせた。

 一方、プロデューサーとしてもジャニーズJr.時代から100人弱のメンバーをまとめて大会場でのライブを演出し、10年4月からは同舞台において演者としてだけでなく、それまでジャニー喜多川社長が担当していた演出も自ら手掛けるようになる。

 そのカリスマ性も特筆すべきものがあり、同事務所の同世代のタレントや後輩から慕われていることは、今回の発表を受けて現在は同事務所を離れている「KAT-TUN」の元メンバーの赤西仁が自身のツイッターで「タッキーーーーーーー!」とつぶやいたり、数多くの所属タレントが参加したジャニー喜多川社長の傘寿のお祝いの誕生日会を仕切ったことなども広く知られている。

 また、個人的には大のプロレスファンという点も見逃せない。

 00年3月に神奈川・横浜アリーナで開催されたプロレスイベント「第2回メモリアル力道山」では、当時現役を引退していたとはいえ、プロレス界のカリスマであるアントニオ猪木氏とエキシビションマッチを行った。

 こうした芸能人のマット参戦は、場合によっては厳しい目を持つコアなプロレスファンからのバッシングの対象にもなりかねないが、滝沢が幼い頃からプロレスを愛し、心からリスペクトしていることはそうしたファンも知るところで、その果敢なファイトは日頃ジャニーズタレントに興味のないプロレスファンをも魅了し、会場を大いに盛り上げた。

 芸能人によるプロレスマット参戦の最たる成功例だろう。

 ドナルド・トランプ米大統領もかつて実業家時代に、世界的プロレス団体「WWE」のリング上で同団体の総帥のビンス・マクマホン氏と抗争を繰り広げるなど、すでにアメリカではプロレスは芸能に負けないほどのエンターテインメント、ショービジネスとして認知されている。

 芸能はもちろんのこと、プロレスにも造詣が深い滝沢プロデューサーが、今後同事務所にどんな化学反応を起こし、どのようなエンターテインメントを紡ぎ出していくのか注目している。(芸能評論家・三杉武)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

三杉武

三杉武(みすぎ・たけし)/大学を卒業後、スポーツ紙の記者を経てフリーに転身し、記者時代に培った独自のネットワークを活かして、芸能評論家として活動している。週刊誌やスポーツ紙、インターネットメディア、テレビ番組、ラジオ番組等で芸能ニュースや芸能事象の解説を行っているほか、スクープも手掛ける。「AKB48選抜総選挙」では、7年前から“論客(=公式評論家)”の一人として総選挙の予想および解説を担当。日本の芸能文化全般を研究する「JAPAN芸能カルチャー研究所」の代表も務めている

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい