大阪桐蔭・根尾を獲得すべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【捕手、内野手編】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪桐蔭・根尾を獲得すべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【捕手、内野手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

■北村恵吾(近江)
ポジション:一塁手兼三塁手
身長体重・投打:182cm・83kg・右投右打
評価:B
おすすめ球団:中日
野村と並ぶ希少な右の強打者。1回戦で2本塁打、3回戦では4安打6打点と大暴れを見せて、一気にその評価を上げた。構えからタイミングをとる動きに悪いクセがなく、ボールを長く見て鋭く振り抜くことができる。長打力だけでなく、対応力の高さも高校生ではトップレベルだ。高校卒の強打者タイプが不足している中日はぜひ狙いたい。

■齊藤大輝(横浜)
ポジション:二塁手
身長体重・投打:178cm・74kg・右投右打
評価:C
おすすめ球団:中日
三拍子揃った高校球界屈指のセカンド。なぜか他の選手が注目されることが多いが、どのプレーも質が高く、今大会では一発も放ち長打力があるとことも見せた。名門で下級生の頃からレギュラーを任せられているだけあって、プレーに落ち着きがあるのも魅力だ。とにかく若手の野手が不足している中日は狙いたい選手だ。

■野尻幸輝(木更津総合)
ポジション:三塁手
身長体重・投打:178cm・78kg・右投左打
評価:C
おすすめ球団:阪神
この夏はエースとしても活躍したが、将来性を考えるとやはり野手の方が魅力を感じる。インパクトの強いスイングで広角に鋭い当たりを放ち、大きな穴のないバッティングは出色。サードから見せる強肩と判断の良い走塁でも目立つ存在だ。大学進学が有力視されるが、若手野手の少ない阪神などは欲しい選手だろう。

■林晃汰(智弁和歌山)
ポジション:三塁手
身長体重・投打:181cm・87kg・右投左打
評価:B
おすすめ球団:DeNA
近畿を代表する左のスラッガー。ヘッドが中に入り、反動をつける動きが大きいためスムーズに引っ張ることができず、速いボールにはどうしても遅れてしまうがヘッドスピードととらえた時の打球の迫力はさすが。打席での雰囲気は申し分なく、サードの守備も年々向上している。筒香嘉智の後釜を育てたいDeNAにはおすすめの素材だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい