ブレーク中の長嶋一茂、人気の秘密は天然ボケでなく、浮世離れした「悟ってる感」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブレーク中の長嶋一茂、人気の秘密は天然ボケでなく、浮世離れした「悟ってる感」

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田

長島一茂と、父・茂雄 (c)朝日新聞社

長島一茂と、父・茂雄 (c)朝日新聞社

 テレビ業界では今、長嶋一茂が大ブレークしている。朝の情報番組からゴールデンのバラエティ番組まで幅広く数多くの番組に出ている。一茂はプロ野球の世界から引退した後、タレントに転身した。タレントになって約20年が経った今、なぜ彼が改めて脚光を浴びているのだろうか。
 
 一茂というと、一般的には「天然ボケ」のキャラクターで知られている。飄々とした態度でとんちんかんな発言を連発する姿が笑いを誘っている。自宅の壁に「バカ息子」と落書きをされた事件のときに「うちには娘しかいないんだけど」と不思議がったという話はもはや伝説となっている。
 
 しかし、彼がただの「天然ボケタレント」にすぎないのであれば、これほど長期にわたって人気を保つことはできなかっただろう。一茂が愛される理由は、そのとぼけたキャラクターの裏に人としての深みが感じられるからだ。
 
 一茂の父親は長嶋茂雄。言わずと知れたプロ野球史上最高のスーパースターである。そんなスターの息子としてこの世に生を受けた一茂は、裕福な家庭で生まれ育った。確かに金銭的には「何不自由ない暮らし」をしていた。だが、一茂の少年時代はある意味では不自由そのものだった。
 
 同世代の子供の中でも飛び抜けて体が大きかった一茂は、スターの息子として小さい頃からマスコミに注目され、カメラを向けられてきたからだ。小4のときに地元のリトルリーグのチームに入って野球を始めると、練習場には大勢のマスコミが詰めかけた。父の茂雄が現役引退を表明して日本中に衝撃を与えたのはその前年だった。マスコミの人々は、茂雄の才能を継ぐ者として小学生だった一茂の一挙手一投足に注目していた。
 
 野球の練習が終わり、友達同士で楽しく話していると、そこにカメラを構えた記者たちが近寄ってくる。それに気付くと、友人たちは一茂のもとからスッと離れていってしまう。思春期の彼にとって、それは途方もなく悲しいことだった。1年ほど経って、そんな生活にうんざりして野球をやめてしまった。
 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい