柳田悠岐、“格が違う打撃”で選出濃厚<パ・リーグ月間MVP予想> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柳田悠岐、“格が違う打撃”で選出濃厚<パ・リーグ月間MVP予想>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.
楽天・岸とソフトバンク・柳田 (c)朝日新聞社

楽天・岸とソフトバンク・柳田 (c)朝日新聞社

 その爆発力は恐れるばかり。5月3日のロッテ戦(ZOZOマリン)ではバックスクリーン直撃弾、レフト前ヒット、右中間を破る決勝の2点タイムリー3塁打の3安打を放ち、実現はならなかったが史上初の同一シーズン2度目のサイクル安打達成へ王手。さらに8日の西武戦(大宮)では本塁打を含む4安打の大暴れを見せると、18日のロッテ戦(ZOZOマリン)では自己最長を更新する22試合連続安打もマーク。記録は22試合で途切れたが、その後もヒットを重ね、5月だけで計13度のマルチ安打を放ち、球団5位タイの月間41安打をマークした。

 柳田が月間MVPを受賞すれば、2017年6月以来5度目。秋山翔吾(西武)も5月に打率.356、6本塁打、20打点と月間MVPにふさわしい成績を残したが、柳田には及ばない。三冠王&2度目のトリプルスリーと期待を膨らませる男の月間MVP受賞は、ほぼ確実だろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい