「難治がん」の記者 入院生活で考えた「まだ書き残していること」はなにか?

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/05/12 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。45歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「入院生活」を振り返ります。

あわせて読みたい

  • 入院費44万円に戦慄! 大幅に減額できる制度とは

    入院費44万円に戦慄! 大幅に減額できる制度とは

    AERA

    12/20

    瀬戸内寂聴、友人への思い語る「あらゆる作家の悪口を言いながら、笑い転げるの」

    瀬戸内寂聴、友人への思い語る「あらゆる作家の悪口を言いながら、笑い転げるの」

    AERA

    5/29

  • 手術受けた浜田ブリトニー、次は医療漫画に挑戦?

    手術受けた浜田ブリトニー、次は医療漫画に挑戦?

    週刊朝日

    6/7

    バンドメンバー全員がんに罹患「お前もか、ワイルドがんズだな」

    バンドメンバー全員がんに罹患「お前もか、ワイルドがんズだな」

    週刊朝日

    11/6

  • 震災でなぜ自衛官はPTSDにならなかったのか 元自衛隊メンタル教官が解説

    震災でなぜ自衛官はPTSDにならなかったのか 元自衛隊メンタル教官が解説

    dot.

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す