「DH制」なのに投手が打席に… “珍事”が生み出したドラマ

2018/04/15 16:00

 2018年シーズンが開幕して間もないプロ野球だが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、80~90年代の“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「DH制なのに打席に立った投手編」だ。

あわせて読みたい

  • サヨナラ弾放って本塁に戻って来たのは“別人”… 一体何が起こったのか?

    サヨナラ弾放って本塁に戻って来たのは“別人”… 一体何が起こったのか?

    dot.

    4/9

    野球=9人は古い? 東尾修がDH制に「歴史とともにルールは変わる」
    筆者の顔写真

    東尾修

    野球=9人は古い? 東尾修がDH制に「歴史とともにルールは変わる」

    週刊朝日

    12/26

  • 恐るべし因縁のドラマ…天覧試合から30年後、阪神が巨人に「同じスコア」でリベンジ!

    恐るべし因縁のドラマ…天覧試合から30年後、阪神が巨人に「同じスコア」でリベンジ!

    dot.

    7/7

    “ピッカリ投法”“体調不良弾”…偶然が生み出した「うれしい誤算」

    “ピッカリ投法”“体調不良弾”…偶然が生み出した「うれしい誤算」

    dot.

    11/10

  • 乱闘で大暴れもお咎めなしでヒーローに… なぜそんな結末に?

    乱闘で大暴れもお咎めなしでヒーローに… なぜそんな結末に?

    dot.

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す