「イヤイヤ期」の問題行動がぴたりと収まる簡単な方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「イヤイヤ期」の問題行動がぴたりと収まる簡単な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

なにをやっても不機嫌な「イヤイヤ期」。どうしたら?(※イメージ写真)

なにをやっても不機嫌な「イヤイヤ期」。どうしたら?(※イメージ写真)

 どれだけ叱っても、まったく言うことを聞かない子どもにお手上げ状態。そんなとき、親は子どもの「した」ことばかりに気を取られている可能性が高いのです。学習塾を主宰し、不登校児や学習障害児、非行少年などを積極的に引き受けて、生徒全員の成績をアップさせた経験を持ち、その後もボランティアで育児相談や子どもの学習指導、親や教育関係者らと活発に意見交換をするなど、科学の視点で子育てにかかわる活動を続けている、異色の科学者・篠原信先生が、著書『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』(朝日新聞出版)の中で明かした、子どもの問題行動がぴたりと収まる方法を、ここで紹介します。

*  *  *
 私の息子は、3歳の「イヤイヤ期」に、アンガー(怒り)コントロールが全然できませんでした。気に入らないことがあると、ずっとむくれていました。

 幼稚園の先生によると、幼稚園でも叱れば叱るほどひどくなるらしく、お手上げ状態だったようです。

 そこで私の嫁さんが、対応を工夫。息子がたまたま怒っていなかったときにほめました。

「いま怒らなかったね。エライ!」

 一日に何度もキレていた、あの息子が、この日からキレなくなりました。

 それまで、私たち夫婦は、「キレる」というネガティブな現象ばかり見て、どうやめさせるかばかり考えていました。諭したり、怒鳴ったり、なだめすかしたり。しかし、どれもうまくいきませんでした。

 ところが、「怒らなかった」をほめたところ、息子は「怒らずに済ませたほうが楽しい」と気づいたようです。そして、キレるスイッチを入れずに別の方法を探すようになりました。

 もう一つ、エピソードをご紹介します。下の娘が0歳で離乳食を始めたばかりの頃、食べるのに飽きるとゴジラと化してテーブルに上陸、あらゆるものをなぎ倒すことを繰り返していました。

「ダメー!」と叫んでも無駄。

 ところがたまたま席に戻ったとき「お座りできたね、エライ!」と、みんなで拍手。するとうれしそうに行儀よく座るようになりました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい