東大卒ママが家庭で実践する、子どもの脳を鍛える教育方法とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが家庭で実践する、子どもの脳を鍛える教育方法とは?

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.#出産と子育て#東大

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など(写真/本人提供)

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など(写真/本人提供)

「○○しなくてはいけない」という型にははめたくないと、杉山奈津子さんは考えている (※写真はイメージ)

「○○しなくてはいけない」という型にははめたくないと、杉山奈津子さんは考えている (※写真はイメージ)

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や3歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

*  *  *
 うちの4歳の息子は、言葉や行動をはじめ、色々と発育が遅いです。女の子よりも男の子のほうが遅いとか、個人差とか、早生まれだから園の他の子と比較すると……、という要素も関係しているとは思いますが、やはりちょっと「一体お前は何を言っているんだ!?」と思うことがしばしばあります。

 先日うちに来た0歳の甥っ子に対し、息子がお兄ちゃんぶって「絵本を読んであげたい」と、意気揚々と本を2冊もってきました。そのうち1冊は英語の本、もう1冊は分厚いピタゴラスイッチの本でした。「こいつ、明らかに大人ぶっている!!」と思いながら、様子を見ていると、「フェイフェイフェイ フェイフェイ? フェイ かぼちゃ フェイフェイフェイ」と、英語のほぼすべてが「フェイ」を英語っぽく発音しているだけ(かぼちゃだけは日本語でした)。ロードローラーの話なのになぜ突然かぼちゃが出現したのかも謎ですが、「ねぇ、今のちゃんと英語だった?」と自分から私に聞いてきたのも笑いました。「うーん、これはちょっと難しい英語だったかもね」と言うと、次はピタゴラスイッチのページをすごい勢いでめくりだし、「これは磁石使ってる」「ここも磁石」「これ磁石」と、ほとんどすべてのページが「磁石」という説明で終わりました。

 先日あった園の発表会では、他のママ友に「うちのお兄ちゃんのときも遅くて心配だったから」「小学校いけば大丈夫になってくるよ!」と、何も言っていないのに心配されてしまう始末……。

 でも大丈夫、私は、特に心配しているわけではないのです。息子には勉強して何が何でもいい大学に行ってもらいたい! というような親からの要望はまったくなく、息子自身で好きなことを見つけてほしいと思っているだけなので、「何をアホ言っているんだ」と思っても神経質にならず、のびのびと育てるように意識しています。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい