「難治がん」の記者 気がかりは配偶者のこと。目に浮かぶのは、笑顔の写真

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/02/03 16:00

 働き盛りの45歳男性。がんの疑いを指摘された朝日新聞記者の野上祐さんは、手術後、厳しい結果を医師から告げられる。抗がん剤治療を受けながら闘病中。

あわせて読みたい

  • 「7つのポイント」で選ぶ抗がん剤治療のいい病院

    「7つのポイント」で選ぶ抗がん剤治療のいい病院

    週刊朝日

    4/2

    闘病経験者がまとめた「がんになってからの心得10カ条」

    闘病経験者がまとめた「がんになってからの心得10カ条」

    週刊朝日

    6/13

  • 膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

    週刊朝日

    4/7

    がん患者が悩む「感染リスク」と「治療を中断するリスク」 専門たちのアドバイスは

    がん患者が悩む「感染リスク」と「治療を中断するリスク」 専門たちのアドバイスは

    AERA

    5/15

  • 切除不可能だった肝転移がんを切り取る「新治療法」

    切除不可能だった肝転移がんを切り取る「新治療法」

    週刊朝日

    2/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す