主力での活躍はわずか2年…歴代FA選手の“移籍後”を検証した

2017/12/16 16:00

 今年のオフにフリーエージェント(以下FA)宣言をした選手は7人。野上亮磨投手(前西武)は巨人、増井浩俊投手(前日本ハム)はオリックス、大和内野手(前阪神)はDeNA、大野奨太捕手(前日本ハム)は中日にそれぞれ入団することが決まり、鶴岡慎也捕手(前ソフトバンク)は古巣の日本ハム入りが濃厚と言われている。そこで今回はFAで移籍した選手のその後の成績から、FAによる補強の効果について改めて検証してみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 糸井は阪神移籍で長打が増える? FAで成功した選手、失敗した選手

    糸井は阪神移籍で長打が増える? FAで成功した選手、失敗した選手

    dot.

    12/5

    放出した榎田が大活躍、いったい阪神は何をしていたのか…【2018年版・成功&失敗した移籍】

    放出した榎田が大活躍、いったい阪神は何をしていたのか…【2018年版・成功&失敗した移籍】

    dot.

    11/30

  • 松井稼頭央は復帰したが…主力が次々に流出する西武「憂いのFA史」

    松井稼頭央は復帰したが…主力が次々に流出する西武「憂いのFA史」

    dot.

    1/31

    糸井のFA移籍で注目高まる「人的補償」 移籍後に活躍した選手は?

    糸井のFA移籍で注目高まる「人的補償」 移籍後に活躍した選手は?

    dot.

    11/28

  • 選手にとって「超重要時期」 FA権取得のシーズンに成績は上がるのか?

    選手にとって「超重要時期」 FA権取得のシーズンに成績は上がるのか?

    dot.

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す