医師になるための「難易度」 子、親、祖父母の3世代で驚愕の差

大学入試

2017/12/19 16:00

 受験生の親が学生だったのは1990年前後が多いだろう。さらにその親、つまり、受験生の祖父母の学生時代といえば、1960年代前半といったところか。発売中の週刊朝日ムック「医学部に入る 2018」では、全国医学部の医師国家試験(国試)合格率とその内訳を一覧で一挙掲載しているので、合格率のデータを見るときの注意や近年の傾向などを3回にわたってお届けする。3回目の今回は、両親、祖父母時代の国試合格率を蔵出ししてみた。そこから医学部受験、医師養成のありようが見えてくる。

あわせて読みたい

  • 医学国家試験の合格率、慶応大・慈恵医大より高い意外な大学とは?

    医学国家試験の合格率、慶応大・慈恵医大より高い意外な大学とは?

    12/17

    【全80医学部別ランキング】医師国家試験合格率 最新2018年版

    【全80医学部別ランキング】医師国家試験合格率 最新2018年版

    7/26

  • 成績優秀な女子は東大よりも地元の医学部へ!? 女子率が高い医学部はココだ!

    成績優秀な女子は東大よりも地元の医学部へ!? 女子率が高い医学部はココだ!

    dot.

    2/1

    【医学部別合格率ランキング】東京医科大「医師国家試験」欠席者が目立つ理由

    【医学部別合格率ランキング】東京医科大「医師国家試験」欠席者が目立つ理由

    dot.

    7/26

  • 合格率は東大以上 医師を目指すなら“偏差値至上主義”は意味ナシ?

    合格率は東大以上 医師を目指すなら“偏差値至上主義”は意味ナシ?

    週刊朝日

    4/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す