貴乃花親方「巡業」外し、白鵬は処分 ケンカ両成敗で激化する両陣営 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貴乃花親方「巡業」外し、白鵬は処分 ケンカ両成敗で激化する両陣営

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

日本相撲協会の理事会に出席した貴乃花親方 (c)朝日新聞社

日本相撲協会の理事会に出席した貴乃花親方 (c)朝日新聞社

理事会から呼び出しを受けて両国国技館に入る白鵬 (c)朝日新聞社

理事会から呼び出しを受けて両国国技館に入る白鵬 (c)朝日新聞社

理事会後の記者会見で頭を下げる八角理事長(写真中央) (c)朝日新聞社

理事会後の記者会見で頭を下げる八角理事長(写真中央) (c)朝日新聞社

 九州場所での幕内力士42人のうちモンゴル出身の力士は9人で、約2割を占める。所属する部屋が違う力士が、出身の国が同じだからといって必要以上に親睦を深めることは、他の力士の成績に影響が出かねない。

 ただ、協会に報告をする前に警察に被害届を出し、騒動が拡大し続けている状況に、貴乃花親方を批判する声もある。別の親方はこう話す。

「問題は、相撲協会と貴乃花親方の両方にある。しかし、被害者は貴ノ岩であり貴乃花親方。相撲協会が貴乃花親方を悪者にすると、貴乃花親方は態度を硬化させるだけだ」

 モンゴル人力士に限らず、力士同士の馴れ合いはこれまでも繰り返し問題になってきた。暴行事件に端を発して、現在の角界にメスを入れようとする貴乃花親方の“乱”の行方は、ますます見通せなくなっている。(AERA dot.編集部)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい