松坂、桑田… そして岩瀬も!?「二刀流」の潜在能力を秘めた投手たち

2017/11/30 16:00

 いよいよ大谷翔平が海を渡る。プロ入り当初は懐疑的だった“二刀流”への眼を、自らの手で大きく変えた上でのメジャー挑戦になる。だが、そもそも高校年代までは「4番でエース」が全国の至るところで存在し、現役選手だけを見ても、イチロー、松井稼頭央、中田翔、村田修一、亀井善行、堂林翔太らは高校時代にはエースとしても活躍。投手としてドラフト指名された後に野手に転向した選手には、糸井嘉男、雄平、木村文紀などがいる。そんな“元投手”たちは、あるタイミングで投手として力の限界を感じ、あるいは怪我などで方向転換を“強いられた”のだ。その事実と大谷の成功例を掛け合わせると、プロで“二刀流”を続けるためには、まず「投手」として1軍レベルに達していることが条件になるだろう。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平が「打者」で急成長 史上初“投打同時タイトル獲得”の可能性は?

    大谷翔平が「打者」で急成長 史上初“投打同時タイトル獲得”の可能性は?

    dot.

    9/2

    打撃も“超一流”…高校通算本塁打が多かった「プロ野球投手」は?

    打撃も“超一流”…高校通算本塁打が多かった「プロ野球投手」は?

    dot.

    9/7

  • シーズンではさっぱり…オープン戦だけ凄かった選手列伝<日本人編>

    シーズンではさっぱり…オープン戦だけ凄かった選手列伝<日本人編>

    dot.

    2/24

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    大谷翔平だけではない 二刀流の可能性を秘めた選手はこの2人だ

    週刊朝日

    6/22

  • 大谷翔平が導いた大逆転V 日ハム優勝は“奇跡的”だが、“奇跡”ではない 

    大谷翔平が導いた大逆転V 日ハム優勝は“奇跡的”だが、“奇跡”ではない 

    dot.

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す