AERA dot.

左利きの大天才、レオナルド・ダ・ヴィンチが残した鏡文字の秘密 現代の医師が診断

連載「歴史上の人物を診る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レオナルドが残した膨大な手稿。その多くがそのままでは読みがたい鏡文字なのだ(※写真はイメージ)

レオナルドが残した膨大な手稿。その多くがそのままでは読みがたい鏡文字なのだ(※写真はイメージ)

『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析。医療誌「メディカル朝日」で連載していた「歴史上の人物を診る」から、レオナルド・ダ・ヴィンチを診断する。

*  *  *
【レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452〜1519年)】

 レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)はルネサンスを代表する芸術家であるのみならず、おそらく人類の歴史で最高の天才の一人であろう。

 フィレンツェ郊外ヴィンチ村に生まれ、ヴェロッキオ工房での修業の後、有名な「モナリザ」や「最後の晩餐」、「受胎告知」、「聖アンナと聖母子」など数々の傑作を残した。それだけでなく、ミラノ公ルドヴィゴ・イル・モーロ、ヴァレンティノ公チェーザレ・ボルジア、ヌムール公ジュリアーノ・ディ・メディチ、そしてフランス王フランソワⅠ世の宮廷において、治水や城塞設計などの土木建築家、軍事技術者、さらに舞台監督として重用され、多彩な才能を発揮している。万物に強い好奇心を持ち、知的探求の成果として有名な解剖デッサンを含む膨大な素描と手稿を残している。

■眼科医が陰影の斜線から利き手を解析

 面白いことに陰影を描いた斜線はほとんどすべて左上から右下の方向に描かれている。自分で書いてみると分かるが、右手で斜線を引くと、左下がりの線を引くのが自然な手の動きである。レオナルドが左利きであったことは当時から有名で、弟子の記録やヴァザーリの伝記にはっきり記されている。

 では、左利きの画家はどれくらいの割合だろうか。フランスの眼科医Lanthonyは、15世紀以来現代までの画家500人が描いた陰影の斜線から利き手を解析した。その結果、左利きが確定した画家は、Cambiaso、Dufy、Escher、Füssli、Grandville、Holbein、Klee、De La Patelliere、Leonardo da Vinci、Menzel、Montelupo、Paptey、Regnault、VanGoyenの14人(2.8%)で、西洋人男性の平均8%よりもむしろ少なかった。

■鏡文字の秘密は?


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   朝日新聞出版の本 , 歴史 , 病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加