「難治がん」と闘う新聞記者が、SMAP元メンバーの「新しい地図」から思いめぐらせたこと (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「難治がん」と闘う新聞記者が、SMAP元メンバーの「新しい地図」から思いめぐらせたこと

連載「書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた昨年1月、がんの疑いを指摘され、手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

郡山のSMAP(撮影/高橋尚之) (c)朝日新聞社

郡山のSMAP(撮影/高橋尚之) (c)朝日新聞社

 働き盛りの40代男性。朝日新聞記者として奔走してきた野上祐さんはある日、がんの疑いを指摘され、手術。厳しい結果であることを医師から告げられた。抗がん剤治療を受けるなど闘病を続ける中、がん患者になって新たに見えるようになった世界や日々の思いを綴る。

【郡山の「SMAP」はこちら】

*  *  *
 アイドルグループSMAPの元メンバー3人がファンサイト「新しい地図」を始めた。新聞広告の鮮やかな青空を見ながら、ふと思った。解散と聞いて、衆院よりSMAPを思い浮かべる人は案外多いのではないか。

 まだ福島総局で働いていた昨年1月。芸能関係に強い記者から尋ねられた。「郡山のSMAPって、知ってます?」

 エスパル、モルティ、アティ、ピボット。福島県のJR郡山駅前にある4つの商業施設が、そのアルファベットの頭文字から一部でそう呼ばれているのだという。ちょうど事務所からの独立問題が騒がれていたころだ。

「面白いじゃん。取材してみてよ。写真も4カ所全部あったほうがいいよね」
「ですよね。でも私、取材と両方は無理なんで、写真は郡山支局のあいつに撮りにいかせて……」

 県内に配られる新聞に載っている「県版」の読者の多くは、程度のちがいはあるにせよ、東日本大震災と原発事故によって被害を受けている。その関係で載せなければいけない記事は山ほどある。だが、人の心にはSMAPのような存在に救われる部分が多かれ少なかれあるだろうし、そんな理屈抜きでも、意外性があって面白い。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい