ため息が出るほど見かけ倒しな駅 <下川裕治のどこへと訊かれて> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ため息が出るほど見かけ倒しな駅 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
建物はヤンゴンの遺産に登録されているそうだ

建物はヤンゴンの遺産に登録されているそうだ

「パコック駅じゃないとわかりません」
「アウンバンから先は?」
「アウンバン駅で聞いてください」

 酒のにおいが漂ってきた。もう、一杯やっているようだった。ほかの路線も聞いてみたが、すべてわからなかった。

 これがヤンゴン中央駅である。

 ヤンゴン中央駅は長距離列車も発着するが、環状線などの市内列車も発着する。しかしその切符は、乗車ホームのなかほどにある小屋のようなオフィスで販売している。

 このヤンゴン中央駅の建物をもう一度見てほしい。この建物のなかで、機能しているのは、間口が50センチほどの当日の切符を売る窓口だけなのだ。

 ため息混じりでいつも眺める。この駅舎が機能するようになるのは、いったいいつのことなのか。

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)
1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい