どこよりも早いプロ野球順位予想!! 2017年を制するのは!?<パ・リーグ編> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

どこよりも早いプロ野球順位予想!! 2017年を制するのは!?<パ・リーグ編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.sportsdot.

日本ハム連覇のカギを握るのはやはり大谷翔平だろう。(c)朝日新聞社

日本ハム連覇のカギを握るのはやはり大谷翔平だろう。(c)朝日新聞社

 謹賀新年、新たな1年の始まりに合わせて、各球団の2017年を大予想!今季のパ・リーグ王者となる球団はどこだ!?

【1位】日本ハム
 連覇は難しい。それは重々承知だが、大谷翔平の存在がその難題を「軽々と乗り越える」という期待感を抱かせる。戦力的には陽岱鋼、吉川光夫、バースが抜けたが、外野では岡大海、淺間大基らの若手が控え、さらに“大器”大田泰示を獲得。投手陣では昨年メジャーリーグ・デビューも果たした村田透、中継ぎ左腕の公文克彦を加えた。この戦力の入れ替えが機能するかどうか。「日本一になれたけど、決して日本一のチームではない」と、勝ってもなお兜の緒を締める栗山英樹監督の下で、チームはさらに成長するはずだ。ともあれ、規格外の男・大谷翔平には、日本一の称号が似合う。

【2位】ソフトバンク
 ドラフト1位で田中正義を加えたが、その存在をも必要としない巨大戦力が、優勝への根拠になる。そう言いながら2位としたのは昨季の負け方が気になるからだ。工藤公康監督への批判も含め、優勝のために何よりも必要な“チーム一丸”という部分で昨季終盤に亀裂が見えた。新たな戦力を加えるよりも、まずは首脳陣と選手の間の信頼感を取り戻すことが何よりも必要。歴史的V逸のショックから立ち直れるか。個別に見ると、昨季最多勝の和田毅が今季も同等レベルの活躍を続けること。2勝に終わった攝津正が復活することが必要になる。

【3位】楽天
 昨季5位と低迷したが、スランプあるいは負傷過多だった主力が戻り、2年目を迎えた外国人野手が成績を伸ばすことができれば順位は上げられる。チームとして大きいのはFAで獲得した岸孝之の存在。則本昂大への負担を減らすことでの相乗効果も期待できる。さらに昨季7勝と復活した釜田佳直、そして安樂智大が台頭すればAクラス入りは十分に可能だ。戦力的に足りない部分があることは確かだが、過去2球団(近鉄、日本ハム)で就任2年目にリーグ優勝へ導いた梨田昌孝監督のジンクスにあやかりたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい