野球人生を懸けた“正念場”へ… 来季復活を期す男たち<野手編>

2016/12/23 16:00

 一度掴んだはずの名声を裏切る形となったのが、清田育宏(ロッテ)だ。昨季は自身初の規定打席到達でリーグ4位の打率.317に加えて、15本塁打、67打点をマーク。ベストナインにも選ばれてブレイクを果たしたが、30歳となって迎えた今季は出場106試合で打率.225、6本塁打、38打点と大幅に数字を減らした。本人も契約更改の場で「情けないシーズン」と振り返っており、来季の雪辱を期する思いは強い。

 同じく、畠山和洋(ヤクルト)も前年から大きく数字を落とした。シーズン途中から4番に座って打率.268、自己最多の26本塁打、リーグ最多の105打点を稼いでリーグ優勝に大きく貢献した昨シーズンから、今季は春季キャンプ中のぎっくり腰に始まり、開幕後もアキレス腱痛などでコンディションが上がらず、出場45試合で打率.245、1本塁打、18打点に終わった。特に1本塁打は悔しさの極み。山田哲人の奮闘だけでなく、やはりその後ろに「4番・畠山」が座ってこそ燕打線は機能する。畠山、そしてヤクルト打線が復活すれば、来季のペナントレースはさらに面白くなるはずだ。

1 2

あわせて読みたい

  • まさかの不振に陥った主力も…期待外れだった選手は?【ワーストナイン セ・リーグ編】

    まさかの不振に陥った主力も…期待外れだった選手は?【ワーストナイン セ・リーグ編】

    dot.

    12/3

    巨人山口、中日平田…期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】

    巨人山口、中日平田…期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】

    dot.

    11/18

  • それだけのお金をもらってるんだから…期待を大きく裏切った選手は?【ワーストナイン パ・リーグ編】

    それだけのお金をもらってるんだから…期待を大きく裏切った選手は?【ワーストナイン パ・リーグ編】

    dot.

    11/17

    高年俸に見合わぬ成績…期待外れだった選手は?【ワーストナイン パ・リーグ編】

    高年俸に見合わぬ成績…期待外れだった選手は?【ワーストナイン パ・リーグ編】

    dot.

    12/2

  • 活躍すると思ったのに…期待を大きく裏切った選手は?【ワーストナイン セ・リーグ編】

    活躍すると思ったのに…期待を大きく裏切った選手は?【ワーストナイン セ・リーグ編】

    dot.

    11/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す