暴走族も静かになる? 「伝説のすた丼屋」に本当にあった“伝説”

2016/10/01 16:00

 10月1日、午前10時。JR国分寺駅から歩いてすぐのところにある、やや古めかしいビルの前には長蛇の列ができていた。時間を追うごとに列は長さを増していき、開店時間の11時直前になると、列はビルのまわりをぐるりと一周するほどの長さになった。この日、列の先頭に並んでいた50代の男性は、「朝7時半から並んでいます。今朝の始発で来ました」と話す。列の先にあるのは、丼チェーン店「伝説のすた丼屋」(以下、すた丼屋)だ。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す