バイエルン「1強」を阻止せよ! 浮上したブンデスPO案が“大ヒンシュク” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バイエルン「1強」を阻止せよ! 浮上したブンデスPO案が“大ヒンシュク”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
ドイツ国内で圧倒的な強さを誇るバイエルン(写真:Getty Images)

ドイツ国内で圧倒的な強さを誇るバイエルン(写真:Getty Images)

「バイエルン1強はあまりにもつまらない、プレーオフ導入だ」

 ドイツ・ブンデスリーガ第3節までが終了した現地時間19日、こんなフレーズがドイツ各メディアのタイトルを飾った。発言の主は元レヴァークーゼンGMで元DFL(ドイツ・フットボールリーグ)会長のヴォルフガング・ホルツホイザー。独『キッカー』誌に対し「シーズン終了時のプレーオフ開催について、これまで以上に検討する時期に来ている」と語ったのだ。

 「1強が続く状況は、競争上よろしくない」と訴えるホルツホイザーは、全34節を終了したあと、1位対4位、2位対3位でプレーオフ準決勝を行い、決勝を制したチームを年間王者にするという方式を提案している。

 ポストシーズンの王者決定戦は南米のリーグでも行なわれており、特別新しいシステムではない。これまでにブンデスリーガでもその話が出たことはある。また、Jリーグでも2015年にJ1にCS(チャンピオンシップ)が再導入され、CS優勝者を年間王者としている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい