古巣カープに続け! 前田健太がドジャースで狙う「世界一の座」 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古巣カープに続け! 前田健太がドジャースで狙う「世界一の座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
ワールドシリーズ進出のカギを握る前田健太(写真:Getty Images)

ワールドシリーズ進出のカギを握る前田健太(写真:Getty Images)

「逆境を乗り越えることで評価は得られる。多くの故障者が出る中、それでも良い結果を出したことで、私たちはそんな言葉の意味がよく理解できたと思う」

 デイブ・ロバーツ監督はそう目を細めたが、実際に厳しい状況で投手陣では20歳のフリオ・ウリアス、26歳のロス・ストリップリングといった若手が台頭して急場をしのいできた。そして何より、28歳のオールドルーキー、前田のここまでの働きは素晴らしかった。

 ロサンゼルス出身ゆえにドジャースに精通し、現在はテレビ局「NY1」でスポーツレポーターを務めるザック・タワタリ氏はこう分析する。

「前田はドジャースのファン、関係者が考えていたよりも良いピッチャーだった。制球が優れているだけではなく、自分の持ち球を最大限に生かす方法を知っている。それゆえに、飛び抜けた威力の決め球がなくとも、安定して良い内容のピッチングができる。似ている投手?黒田博樹に共通点が多いと思うよ。かつての黒田同様、今季の前田も過小評価されているくらいだ」

 ここまでの前田は28試合を投げて14勝9敗、防御率3.28という堂々たる成績を残してきた。先発数、投球回数はルーキーの中で1位。7月23日以降全ての先発機会で自責点3以内に抑えている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい