山田哲人が止まらない! 規格外の24歳には“打撃12冠”すら通過点に?

2016/07/18 16:05

今季ここまで打率や本塁打など打撃6部門でトップを走る山田 (c)朝日新聞社
今季ここまで打率や本塁打など打撃6部門でトップを走る山田 (c)朝日新聞社

 前半戦88試合にフル出場し、打率.350、29本塁打、72打点の打撃3部門に加え、20盗塁、112安打、出塁率.463の個人タイトルをたった一人で独占中。昨季は打率.329、38本塁打、34盗塁でトリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁)を達成したが、打率は川端慎吾(打率.336)、打点は畠山和洋(105打点)とチームメイトにトップを譲る形で、ともにリーグ2位だった。それが今季はさらに進化した姿を見せ、史上初の「トリプルスリー」&「三冠王」への期待と可能性が、日に日に高まっている状況だ。

 好調の要因は様々あるが、データから見ると、まず「対左投手」のワードが浮かび上がる。昨季は右投手に対して打率.321(390打数125安打)、左投手に対して打率.347(167打数58安打)だったが、今季はここまで対右投手が打率.324(225打数73安打)と昨季と同水準であるのに対し、対左投手は打率.411(95打数39安打)と完全な“カモ”状態だ。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「投」は覚醒した右腕・大瀬良、「打」は“超優良助っ人”アルモンテ<セ・リーグ月間MVP予想>

    「投」は覚醒した右腕・大瀬良、「打」は“超優良助っ人”アルモンテ<セ・リーグ月間MVP予想>

    dot.

    6/4

    巨人山口、中日平田…期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】

    巨人山口、中日平田…期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】

    dot.

    11/18

  • 大谷翔平が「打者」で急成長 史上初“投打同時タイトル獲得”の可能性は?

    大谷翔平が「打者」で急成長 史上初“投打同時タイトル獲得”の可能性は?

    dot.

    9/2

    巨人が“最多”の選出…期待外れだった選手たち【ワーストナイン2021 セ・リーグ編】

    巨人が“最多”の選出…期待外れだった選手たち【ワーストナイン2021 セ・リーグ編】

    dot.

    12/9

  • 大谷は投手で躍進予感、筒香は今年も苦しい出だし MLB日本人選手の開幕から1カ月

    大谷は投手で躍進予感、筒香は今年も苦しい出だし MLB日本人選手の開幕から1カ月

    dot.

    5/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す