EURO初制覇は運じゃない! ポルトガルが欧州王者に輝いた必然 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

EURO初制覇は運じゃない! ポルトガルが欧州王者に輝いた必然

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
EURO制覇を喜ぶC・ロナウド(右)とペペ(左)(写真:Getty Images)

EURO制覇を喜ぶC・ロナウド(右)とペペ(左)(写真:Getty Images)

 フランス代表のディディエ・デシャン監督が警戒していたように、フランスはそのしたたかさに取り込められていく。フィジカルとスピードで打開する選手が多いチームだけに、堅陣を作られるとカウンターを封じられ、足踏み。ムサ・シソコが強引に割って入るも、波状攻撃にならない。たまらず、エースのアントワーヌ・グリーズマンが中盤に下がるが、すると前の枚数が薄くなった。

 フランスの勝機があったとすれば、58分にキングスレイ・コマンを投入した後か。切り込み隊のような動きにポルトガルの守備に乱れが出て、グリーズマンが幾度も決定機を迎えているが、決めきれない。その流れで途中出場のピエール・ジニャクもチャンスを得るが、無情にもポストに弾き出された。

 一方、ポルトガルは79分に巨漢FWエデルを投入し、相手センターバックを消耗させながら前線でファウルを誘い、ポイントを作る。のらりくらりとした戦法。冒頭の「引き分けPK勝利」も念頭に置いていたに違いない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい