賭博問題に揺れたバドミントン界、五輪代表決定 初の金メダルも期待できる陣容 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

賭博問題に揺れたバドミントン界、五輪代表決定 初の金メダルも期待できる陣容

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
女子ダブルスの世界ランク1位につける高橋礼華/松友美佐紀ペア。日本バドミントン勢初の金メダル獲得が期待される。(Getty Images)

女子ダブルスの世界ランク1位につける高橋礼華/松友美佐紀ペア。日本バドミントン勢初の金メダル獲得が期待される。(Getty Images)

 1年間の獲得ポイントで争われる、バドミントンのオリンピック代表選考。5月1日でその“五輪レース”が終わり、日本の出場選手が確定した。

 日本勢初の金メダルが期待できるのが、女子ダブルスの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)ペアだ。14年、ヨネックスオープンジャパンで年間12大会あるスーパーシリーズ(SS)初優勝を遂げると、その年には年間上位8ペアによるSSファイナルも日本勢として初優勝。今季はもっとも権威があるとされる全英オープンの女子複で日本勢38年ぶりVのほか、1日に終わったアジア選手権でも初優勝し、世界ランキング1位をキープしている。

 高橋が聖ウルスラ学院(現聖ウルスラ学院英智)高2年の07年、1学年下の松友と組んだのがペアのスタートだ。「組んですぐに、しっくりきた」と高橋が言うように、08年の全日本総合選手権では、高校生ながらあのオグシオに善戦。11年の全日本総合で日本一になったが、ロンドン五輪レースでは世界ランク20位と日本勢4番手で、届かなかった。

 だが今回は、鉄壁のレシーブに「松友が前で私が後ろというのが得点パターンなんですが、いまは私が前衛でもバリエーションが増えた」(高橋)という攻撃力が加わり、堂々の世界1位。これまで日本勢が苦手としてきた中国勢とも、互角以上の戦いを演じてきた。「ロンドン五輪では、自分たちもいい勝負をしていたフジカキ(藤井瑞希/垣岩令佳)さんたちが銀メダルを取ったので、すごい、と思う半面、悔しかったですね」と松友は言う。「あれで“次は自分たち”、と意識がすごく変わった」と口をそろえる2人の“次”が、リオで現実のものとなる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい