あなたの知らない日本の外国 埼玉県蕨市「ワラビスタン」

あなたの知らない日本の外国

2016/04/14 11:30

 3月20日。埼玉県の蕨市民公園は、中央アジアの空気に包まれた。細かな刺しゅうとカラフルな色合いが目を引く、民族衣装をまとった女性たち。手を取り合い、輪になって、太鼓のリズムに合わせて歌い、踊る。彫りの深い顔立ちの子供たちも、かわいらしい衣装を着てはしゃぎまわる。鼻をくすぐるのは、羊肉を焼くスパイシーな香りだ。

あわせて読みたい

  • 映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    週刊朝日

    7/10

    難民認定待ちのクルド人女子高生「夢は看護師」 立ちはだかる日本の難民認定率の低さ

    難民認定待ちのクルド人女子高生「夢は看護師」 立ちはだかる日本の難民認定率の低さ

    AERA

    10/11

  • 「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    AERA

    12/17

    クルド人家族、5年前に難民申請も結果出ず 「就労不可」「病院に行けない」過酷な日々

    クルド人家族、5年前に難民申請も結果出ず 「就労不可」「病院に行けない」過酷な日々

    AERA

    10/10

  • 「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    AERA

    11/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す