競泳日本選手権最終日 15歳池江と14歳酒井が優勝も、ともに五輪出場権獲得ならず

リオ五輪

2016/04/10 19:15

 競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権は4月9日に大会最終日を迎え、15歳の池江璃花子が女子50メートル自由形で優勝するも、派遣標準記録には届かず、5種目目の五輪出場権獲得とはならなかった。

あわせて読みたい

  • 北島康介、100メートル平泳ぎでの五輪出場ならず 15歳池江は出場権獲得!

    北島康介、100メートル平泳ぎでの五輪出場ならず 15歳池江は出場権獲得!

    dot.

    4/5

    萩野公介が3種目で代表内定 入江陵介は3大会連続の五輪出場へ

    萩野公介が3種目で代表内定 入江陵介は3大会連続の五輪出場へ

    dot.

    4/6

  • 渡部香生子敗れる! 15歳今井らが女子200個人メドレーで五輪決定

    渡部香生子敗れる! 15歳今井らが女子200個人メドレーで五輪決定

    dot.

    4/7

    5大会連続の五輪目指す北島が決勝進出! 萩野はライバル瀬戸破り五輪出場権獲得

    5大会連続の五輪目指す北島が決勝進出! 萩野はライバル瀬戸破り五輪出場権獲得

    dot.

    4/4

  • 萩野が日本新で4種目目の五輪出場権獲得 入江は日本選手権10連覇

    萩野が日本新で4種目目の五輪出場権獲得 入江は日本選手権10連覇

    dot.

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す