なぜゲストハウスは増え続けているのか? 宿泊施設以外の意外な魅力とは

旅行

2016/02/28 07:00

 東京「Nui.」、長野「1166バックパッカーズ」、名古屋「西アサヒ」、鎌倉「亀時間」、京都「パンとサーカス」……いま、日本全国でオシャレなゲストハウスが急増しているのをご存じだろうか。数年前から一部の旅好きや外国人旅行者の間で口コミで広がり始め、最近では『BRUTUS』や『ソトコト』といった雑誌でも取り上げられるなど、ますます注目を集めている。

あわせて読みたい

  • 「衝動買い」「農家に転身」…築100年を超える古民家に住む理由

    「衝動買い」「農家に転身」…築100年を超える古民家に住む理由

    週刊朝日

    3/24

    民泊解禁巡り期待と不安 「儲からない」と撤退する個人、意欲燃やす企業

    民泊解禁巡り期待と不安 「儲からない」と撤退する個人、意欲燃やす企業

    週刊朝日

    6/19

  • 6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    6月15日から民泊新法施行、外国人宿泊で古民家再生へ

    週刊朝日

    6/5

    ひとり40万円の宿泊型客船も 瀬戸内で起こる現場主導の観光マーケティングとは

    ひとり40万円の宿泊型客船も 瀬戸内で起こる現場主導の観光マーケティングとは

    AERA

    2/20

  • 古民家に魅せられたドイツ人男性「日本の民家は美術品のよう」と語る

    古民家に魅せられたドイツ人男性「日本の民家は美術品のよう」と語る

    週刊朝日

    3/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す