楽じゃない人生でも笑顔 障害をもつ人たちがくれる元気 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

楽じゃない人生でも笑顔 障害をもつ人たちがくれる元気

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 わたしに元気をくれる人たちがいる。

 そんな人たちを紹介したい。

 世の中には、障がいをもった人たちがたくさんいる。

 そして、障がいをもった家族と共に生きている人たちがいる。

 また、そんな人たちを支える職場や社会がある。

 そして、それは他人事じゃない。

 超高齢社会になるということは、いつ自分たちも障がい者になるかわからないし、いつ、障がい者の家族をもつことになっても不思議じゃないということ。

 わたしの大好きな広島の得本令子さん。

 彼女は、出生時未熟児で黄疸がひどかったため、脳性マヒの症状が残った。

 それもかなり重症。機能障害と言語障害がある。

 でも、普通小学校に行き、大学を卒業した後、一年就職浪人して市立図書館の司書になった。

 障害はあるけれど、これからも他の人と大差ない楽しい生活が続けられると信じて、張り切って就職したものの、数年間は単純作業しか与えてもらえなかった。

 それだけでなく、辞職するように仕向けられた。

 けれども彼女は腐らずに、文章力を養ったり、セミナーに行ったりして、他の人にはない力をつけることに努めた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい