今も昔も運賃は“一円” かつて栄えた鉱山の街を走る電車とは

夏休み

2015/07/27 11:30

 兵庫県北部の山あいにある養父(やぶ)市大屋町明延。JR八鹿駅からバスで約1時間かかる山奥だが、昭和の終わりまで、スズの国内生産の約9割を担っていた明延鉱山の街として栄えたこの地には、かつて1人1円で乗れた電車が走っていた。鉱山の閉山と共に役目を終えたが、住民らの手により、再び運賃1円で走り始めている。

あわせて読みたい

  • 6月10日は「路面電車の日」。古き良き日本の路面電車を楽しんでみませんか?

    6月10日は「路面電車の日」。古き良き日本の路面電車を楽しんでみませんか?

    tenki.jp

    6/10

    新緑美しい「函館山」を望む路面電車 観光用で人気の単車はかつて除雪車だった?
    筆者の顔写真

    諸河久

    新緑美しい「函館山」を望む路面電車 観光用で人気の単車はかつて除雪車だった?

    AERA

    5/22

  • まるで地上を走る飛行機!?時速500キロ リニア体験乗車

    まるで地上を走る飛行機!?時速500キロ リニア体験乗車

    3/18

    オートバイではない路面電車の「単車」 京都の美しい街に溶け込んだそのデザインとは?
    筆者の顔写真

    諸河久

    オートバイではない路面電車の「単車」 京都の美しい街に溶け込んだそのデザインとは?

    AERA

    4/10

  • 大阪と神戸を結んで日本一の距離だった路面電車「阪神国道線」の55年前 その運賃はいくら?
    筆者の顔写真

    諸河久

    大阪と神戸を結んで日本一の距離だった路面電車「阪神国道線」の55年前 その運賃はいくら?

    AERA

    9/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す