「補強失敗」阪神が迫られるチーム作りの”発想転換”

小関順二「読んで楽しい野球批評」

2014/12/17 16:00

 今オフは帰国が噂される日本人メジャーが多かった。具体的に名前が挙がったのが松坂大輔(メッツ→ソフトバンク)、川崎宗則(ブルージェイズ→未定)、田中賢介(レンジャーズ→日本ハム)、中島裕之(アスレチックス→オリックス)。それらの名前が挙がるたびに獲得に乗り出したのが阪神である。中島への提示額は「4年10億円超え」という具体的な数字までスポーツ紙に紹介されていた。

あわせて読みたい

  • 期待を裏切ったのは松坂だけじゃない!【ワーストナイン パ・リーグ編】

    期待を裏切ったのは松坂だけじゃない!【ワーストナイン パ・リーグ編】

    dot.

    11/18

    コロナの暗い空気を吹っ飛ばせ! 「ムードメーカー 」のベストナインを組んでみた

    コロナの暗い空気を吹っ飛ばせ! 「ムードメーカー 」のベストナインを組んでみた

    dot.

    12/29

  • 相手投手は戦々恐々…破壊力抜群の「最強クリーンナップ」は?

    相手投手は戦々恐々…破壊力抜群の「最強クリーンナップ」は?

    dot.

    2/3

    松井稼頭央のメジャー挑戦、期待値高く“失敗”の声も 改めて成績見たら凄かった!

    松井稼頭央のメジャー挑戦、期待値高く“失敗”の声も 改めて成績見たら凄かった!

    dot.

    4/29

  • 田中将大vs柳田悠岐は「令和の名勝負」 「田中を知らない強打者」対決も必見

    田中将大vs柳田悠岐は「令和の名勝負」 「田中を知らない強打者」対決も必見

    AERA

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す