カリスマ家政婦も驚愕!片づけ現場で遭遇した「人・モノ事件簿2022」トップ5

2022/12/13 19:11

※写真はイメージです(GettyImages)
※写真はイメージです(GettyImages)

片づけの伴走役としての理想は
「わがままを言える相談相手」

 2022年もたくさんのご家庭で、片づけのお手伝いをしてきました。自著『家じゅうの「めんどくさい」をなくす』でも述べているように、家庭によって、人によって、大事にしているモノやコトはさまざま。「これじゃダメです」「必ずこうしてください」などと私の意見を押し付けるのではなく、依頼者の暮らしの“ちょっとしたわがまま”を尊重することが私のモットーです。

 さて、12月に入り、大掃除の時期が近づいてきましたね。皆さんの片づけマインドを盛り上げるためにも、私の振り返りのためにも、22年に整理収納の現場で遭遇したさまざまなモノや人、出来事をつづってみます。

NEXT

<それぞれの“こだわり”>「ダッフィーの蓋はどこですか?」

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 「超人気の片づけ術」で失敗&後悔する人が陥る3つの誤解

    「超人気の片づけ術」で失敗&後悔する人が陥る3つの誤解

    ダイヤモンド・オンライン

    7/1

    モノが散らかる原因は「『戻す』のがめんどくさいから」 予約が取れない家政婦が教える、片づけしやすいしくみ作り

    モノが散らかる原因は「『戻す』のがめんどくさいから」 予約が取れない家政婦が教える、片づけしやすいしくみ作り

    BOOKSTAND

    2/1

  • シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも

    シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも

    週刊朝日

    4/4

    親との関係を悪化させずに実家の片づけを進める方法

    親との関係を悪化させずに実家の片づけを進める方法

    AERA

    1/21

  • 「片づけが苦手な人」の共通点 収納王子コジマジックが指摘

    「片づけが苦手な人」の共通点 収納王子コジマジックが指摘

    週刊朝日

    12/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す