50代必見!退職金の受取り方法で「手取り」は130万円も違う! (2/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

50代必見!退職金の受取り方法で「手取り」は130万円も違う!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【図1】

【図1】

 60代後半になると負担が大きく増える要因は、リタイアすると国民健康保険と介護保険に加入するからです。高齢化が進み、この2つの保険料は決して少なくなく、年金収入が増えると予想以上に負担が増えることを覚えておきましょう。

●年金の運用率が高くても、一時金受取りがおすすめ

 退職金の受取り方法は、一時金と年金のどちらが有利になるかは条件によって変わります。多くの場合、手取り面では「一時金受取り」が有利ですが、年金運用率が3%以上と高かったり、年金受取り期間を長くしたりすると、年金のほうが有利となるケースがあります。

 年金受取りの場合、勤務先の企業年金が受取り終了までの間、所定の運用率で運用してくれます。現在は、1~2%の企業が多数です。そんな中、3%以上だと、その分利息が増えるため魅力的に見えます。

 また、受取り期間も企業によって自由度は異なりますが、任意で選べるなら、受取り期間20年などと長く設定すると、1年あたりの収入が減り、税金と社会保険料の負担が少なくなります。

 このように「年金受取り」が有利になりそうなケースもありますが、基本的に「一時金受取り」をおすすめします。

●基本的に「一時金受取り」の方が手取りが増える!

 複数の条件で試算したところ、年金運用率3%、年金受取り期間を60歳から15年間とすると、手取りは年金方式のほうが少し有利でした(退職金は2000万円)。



トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加