競泳日本代表はいかに「チーム力」を個人競技に生かしたか

リオ五輪

2016/08/08 15:26

競泳男子400メートル個人メドレー決勝で、萩野公介選手が金メダル、瀬戸大也選手が銅メダルを獲得。さらに他の有力選手たちも続々と決勝進出を決めるなど、メダル量産体制に入っている。一体なぜ、競泳日本代表はこれほど強いのか――。

あわせて読みたい

  • リオで輝く16歳、競泳・池江璃花子の強さは“緻密なコントロール能力”

    リオで輝く16歳、競泳・池江璃花子の強さは“緻密なコントロール能力”

    dot.

    8/8

    萩野が“作戦勝ち”で金メダル第1号! 瀬戸も銅でトビウオジャパンが最高のスタート

    萩野が“作戦勝ち”で金メダル第1号! 瀬戸も銅でトビウオジャパンが最高のスタート

    dot.

    8/7

  • 名解説者・高橋繁浩さんが語るリオ五輪競泳の見どころ「キーマンは萩野と瀬戸」

    名解説者・高橋繁浩さんが語るリオ五輪競泳の見どころ「キーマンは萩野と瀬戸」

    AERA

    8/4

    リオ1カ月前の国内大会で「今季世界3位」のタイムをたたきだした「女子高生スイマー」

    リオ1カ月前の国内大会で「今季世界3位」のタイムをたたきだした「女子高生スイマー」

    AERA

    8/5

  • 萩野が日本新で4種目目の五輪出場権獲得 入江は日本選手権10連覇

    萩野が日本新で4種目目の五輪出場権獲得 入江は日本選手権10連覇

    dot.

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す