コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

トップ コラムニスト 山本佳奈 ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)

山本佳奈

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本佳奈

山本佳奈

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバーザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

  • NEW

    オンライン診療で「緊急避妊薬」はどうなる? 医師も危惧するGW10連休中の処方

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「オンライン診療と緊急避妊薬」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 先月23日、緊急避妊薬を対面ではなく、...

  • インフルエンザ流行の陰で急増「リンゴ病」 大人もかかる厄介なその症状とは?

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は、現在、患者数が急増中の「リンゴ病」こと「伝染性紅斑」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * インフルエンザの流行の陰で、昨...

  • 地震後に家族の認知機能が悪化? 調査結果からみる疾患や飲料水の「認知症リスク」

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     2019年が幕開けしたと思ったら、1月もあっという間に過ぎ去ろうとしています。 さて、今年の年末年始のことです。5年ぶりに実家で除夜の鐘の音を聞くことができたものの、ゆっくりと正月を迎えるというわけにはいきませんでした。毎年欠かさず作ってくれていた祖母のおせち料理を食べることもできませんでした。と...

  • バレエ、フィギュアスケート…過度な減量が選手生命を奪いかねない理由

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回はスポーツ選手などの過度な減量について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 華やかなイルミネーションに包まれ、街はす...

  • 患者数2300人を超えた風疹 予防接種が「不可欠」であるこれだけの理由

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「風疹」と「ワクチン」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 首都圏を中心とした風疹の流行を受け、11月末、...