コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石井志昂

このエントリーをはてなブックマークに追加
石井志昂

石井志昂

石井志昂(いしい・しこう)/1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた

  • NEW

    第6志望まで全落ち 実は「受験失敗組」だった女優、芥川賞作家、編集長らが見つけた"答え"とは?

    ぶらり不登校 dot.

     大学受験、中学受験、国家試験などあらゆる年代の人たちがテストに向かう受験シーズンに突入し、結果に一喜一憂している人もいるだろう。自身も受験の"失敗"をこじらせ不登校になったという全国不登校新聞編集長の石井志昂さんが、元「受験失敗組」の著名人に取材。そこで見えてきた答えとは?*  *  * 1月19...

  • 辛すぎるボッチ成人式「欠席予定」だった20代男性が参加して感じた後悔と改心

    ぶらり不登校 dot.

     民法改正で成人の年齢が18歳に引き下げられてから(施行は2022年4月)、はじめての成人式を迎えようとしている。しかし、約3割は「行きたくない」と感じているというデータもある。「成人式に行きたくないのはあなただけではありません」。自らも不登校経験者で成人式を欠席した、不登校新聞編集長の石井志昂さん...

  • 羽生善治、27年ぶり無冠 不登校の子たちに語った「不調を乗り越える極意」とは?

    ぶらり不登校 dot.

     第31期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第7局が20、21日、山口県下関市で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が勝利した。羽生善治竜王(48)は27年ぶりの無冠となった。羽生竜王が不登校の当事者たちに語っていた「不調の乗り越え方」とは? 『不登校新聞』の編集長・石井志昂さんが綴る。*  *  ...

  • 子ども減っても不登校は過去最多「教室内ストレス」に親ができること

    ぶらり不登校 dot.

     文部科学省が「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題」(2017年度速報値)を発表し、不登校の子どもは過去最多を更新した。自身も不登校経験者で、多くの当事者を取材してきた不登校新聞の編集長・石井志昂さんが考えるその理由とは。*  *  * 文科省の発表によると、昨年度の不登校の子どもの数は...

  • 松本人志の「死んだら負け」論 不登校新聞編集長が抱く違和感

    ぶらり不登校 dot.

     ダウンタウンの松本人志さんが自殺に対する持論をツイートし、話題になっている。自身も不登校経験者で、いじめ裁判や当事者の取材を重ねてきた全国不登校新聞の編集長、石井志昂さんは違和感を持っているという。*  *  * 話題になっている松本人志さんのツイートはこれです。「自殺する子供をひとりでも減らすた...