コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石井志昂

石井志昂

石井志昂

石井志昂(いしい・しこう)/1982年、東京都町田市出身。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり、2006年から編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してきた

  • NEW

    校風がゆるい?今や15人に1人は通信制高校 入ってよかった子と後悔した子の違い 

    ぶらり不登校 dot.

     近年、親世代にはなじみの薄かった「通信制高校」の役割が高まってきています。KADOKAWA・ドワンゴが創る「N高(N高等学校)」も話題になりました。いまや高校生の15人に1人が通信制高校に通っています。なぜニーズが集まっているのか。実際に通った子どもたちはどのように感じているのか。この時期、進路を...

  • 「受験失敗で人生が好転した」第6志望も不合格だった不登校新聞編集長が今伝えたいこと

    ぶらり不登校 dot.

     本日1月16日、「大学入学共通テスト」の初日が実施されました。この先、大学入試だけでなく中学入試や高校入試なども予定され、受験シーズン本番を迎えます。しかし今年は例年以上に苦労をしている受験生も多いでしょう。コロナ禍で、一斉休校もあり、緊急事態宣言も出ました。思うように実力が発揮できずに...

  • 主犯格がストーカーのように監視 親の“教育虐待”が原因? いじめ低年齢化の実態

    ぶらり不登校 dot.

     文部科学省の調査で過去最多を更新した「いじめの認知件数」。その件数の多さもさることならが、心配なのはいじめの低年齢化です。子どもたちに今、何が起きているのでしょうか。不登校新聞編集長の石井志昂さんが、その実態と背景を探ります。*    *  * 最新の「いじめの認知件数」が発表...

  • 「どうして裸なの?」と母親 25歳男性“ひきこもり生活”7年が終わった日のリアル

    ぶらり不登校 dot.

     引きこもりが終わった日は、いったい本人に何が起き、家族はどんな反応をするものなのでしょうか。ドラマのような感動的な場面を想像しがちです。不登校新聞編集長の石井志昂さんによると、その日というよりは出てくるまでに本人の中で大きな変化が起きているそうです。石井さんが、印象的に残るある方のエピソードを紹介...

  • 大津中2いじめ自殺から9年…運動会シーズンにいじめや不登校が増える理由

    ぶらり不登校 dot.

     本日10月11日は、旧体育の日(10月の第2月曜日)から近いこともあり、悪天候でなければ、多くの学校で運動会や体育祭が開かれたのではないでしょうか。一方、10月11日は「大津いじめ自殺」が起きた日でもあります。不登校新聞の編集長、石井志昂さんは、旧体育の日と大津いじめ自殺が起きた日が近いのは偶然で...

おすすめの記事おすすめの記事