野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は闘病中

  • 難治がん患者として生きる自分を導く、言葉の「ニンジン」とは

    難治がん患者として生きる自分を導く、言葉の「ニンジン」とは

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2

    dot.

    8/25

  • 「難治がんに思い知らせてやる」 ウーマン・村本の誘いで記者が“コメディー”に初挑戦 はじまりは2年前…

    「難治がんに思い知らせてやる」 ウーマン・村本の誘いで記者が“コメディー”に初挑戦 はじまりは2年前…

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2

    dot.

    8/18

  • 「専門家」でも漏らす…人工肛門をめぐる医療従事者と難治がんの記者の攻防

    「専門家」でも漏らす…人工肛門をめぐる医療従事者と難治がんの記者の攻防

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2

    dot.

    8/11

  • 抗がん剤治療で味覚障害や口内炎も… 難治がんになってわかった「食べる」ということの意味

    抗がん剤治療で味覚障害や口内炎も… 難治がんになってわかった「食べる」ということの意味

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    8/4

  • 難治がんの記者が経験した「三つの苦難」 底なし沼のような3カ月を脱するのにしたこと

    難治がんの記者が経験した「三つの苦難」 底なし沼のような3カ月を脱するのにしたこと

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    7/28

  • 難治がんの記者 この連載を始めるきっかけとなった棋士の“言葉”

    難治がんの記者 この連載を始めるきっかけとなった棋士の“言葉”

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    7/21

  • 疲労感、髪の毛がごっそり抜け… 難治がんの記者が10分間の舞台でも震えそうな理由

    疲労感、髪の毛がごっそり抜け… 難治がんの記者が10分間の舞台でも震えそうな理由

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    7/14

  • 難治がんの記者が“資金受領”報道の細野豪志氏に苦言「今度は自分が励ます側だ」と思ったのに…

    難治がんの記者が“資金受領”報道の細野豪志氏に苦言「今度は自分が励ます側だ」と思ったのに…

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    7/7

  • 難治がんの記者が考えた、政治家が「握手」をする理由

    難治がんの記者が考えた、政治家が「握手」をする理由

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    6/30

  • 自分の涙声で気づく…難治がんの記者が「人には憐れみがある」を実感した夜

    自分の涙声で気づく…難治がんの記者が「人には憐れみがある」を実感した夜

     うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘さ

    dot.

    6/23

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す