鴻上尚史

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)/作家・演出家。1958年、愛媛県生まれ。早稲田大学卒。在学中に劇団「第三舞台」を旗揚げ。94年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞受賞、2010年「グローブ・ジャングル」で読売文学賞戯曲賞。現在は、「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に脚本、演出を手掛ける。近著に『「空気」を読んでも従わない~生き苦しさからラクになる 』(岩波ジュニア新書)、『ドン・キホーテ走る』(論創社)、また本連載を書籍にした『鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋』がある。Twitter(@KOKAMIShoji)も随時更新中

  • 外出すれば「レイプされる」と心配する過干渉の母…悩む28歳女性に「母親は現実と向き合っていない」と鴻上尚史が伝えた訳

    外出すれば「レイプされる」と心配する過干渉の母…悩む28歳女性に「母親は現実と向き合っていない」と鴻上尚史が伝えた訳

     出掛ける度にレイプの心配をする、過干渉の母親に悩む28歳の女性。「閉ざされた気持ちになる」と悩む相談者に、鴻上尚史が伝えた「リスク」と「ハザード」の切り分け方とは。【相談96】過干渉ぎみの母親からレ

    dot.

    2/23

  • 「無意味な校則をなくしたいのに…」闘う38歳女性教師に鴻上尚史が示した日本教育の「思考するなという訓練」

    「無意味な校則をなくしたいのに…」闘う38歳女性教師に鴻上尚史が示した日本教育の「思考するなという訓練」

     無意味な校則を潰そうと誓い教員になったという38歳女性教師。さまざまに奮闘するも校則を変えられずに悩む相談者に、鴻上尚史が哀しみとともに紐解いた、日本教育の「思考するな。自立するな」という訓練とは。

    dot.

    2/16

  • 「東大しか行かない」と断言する浪人中の息子…困惑する母親に鴻上尚史が伝えた「バンザイ突撃主義」がやっかいな理由

    「東大しか行かない」と断言する浪人中の息子…困惑する母親に鴻上尚史が伝えた「バンザイ突撃主義」がやっかいな理由

    「受験を控えた浪人中の息子が『東大以外行く気はない』と言い出した」と困惑する59歳の母親。精神的にも経済的にも苦しいと吐露する相談者に、自身も東大受験をしたという鴻上尚史が伝えた「バンザイ突撃主義」の

    dot.

    2/2

  • 「恥ずかしながら」恋をしたと悩む35歳バツイチ女性に、鴻上尚史が「ちょっと分からないんですが」と質問攻めにした理由

    「恥ずかしながら」恋をしたと悩む35歳バツイチ女性に、鴻上尚史が「ちょっと分からないんですが」と質問攻めにした理由

    「恥ずかしながら」恋をして、中高生のように彼のことを考えてしまうと悩む35歳バツイチ女性。彼を諦めたほうがいいのかと悩む相談者に、鴻上尚史が「ちょっと分からないんですが」と質問攻めにした理由とは。【相

    dot.

    1/26

  • 「息子の学歴が恥ずかしい」と告白する46歳女性に、鴻上尚史が厳しく指摘した“真実”とは

    「息子の学歴が恥ずかしい」と告白する46歳女性に、鴻上尚史が厳しく指摘した“真実”とは

     無名の大学に通う息子を恥ずかしく思ってしまうと告白する46歳女性。母親失格だがこの気持ちをどうしたらいいかと悩む相談者に、鴻上尚史が「冗談ではないですよ」と伝えた、ある意外な提案とは。【相談92】息

    dot.

    1/19

  • 恋愛対象でない男性にばかり好かれると悩む26歳女性に、鴻上尚史が指摘した「それよりも変えるべき」こととは

    恋愛対象でない男性にばかり好かれると悩む26歳女性に、鴻上尚史が指摘した「それよりも変えるべき」こととは

     気の向かない男性からばかりアプローチを受けると困惑する26歳。出会いが少なく、無理をしてでもつきあうべきかと悩む相談者に、鴻上尚史が分析する「思う人には思われず、思う人には思われない」理由。【相談9

    dot.

    1/12

  • 「気を遣いすぎる」と言われモヤモヤ…40代主婦に鴻上尚史が伝えた「気遣いの達人」になるコツ

    「気を遣いすぎる」と言われモヤモヤ…40代主婦に鴻上尚史が伝えた「気遣いの達人」になるコツ

    「気を遣いすぎる」と言われモヤモヤした気分を抱える40代主婦。気遣いをうやめたいけどやめられない自分がいると悩む相談者に、鴻上尚史が吐露する「あんたは、気を遣っているのがミエミエ」と言われた過去とは。

    dot.

    1/5

  • 「毒親」が亡くなったとき、看取るべきかと懊悩する43歳女性…鴻上尚史がまず分析した世間のイメージとは?

    「毒親」が亡くなったとき、看取るべきかと懊悩する43歳女性…鴻上尚史がまず分析した世間のイメージとは?

    「毒親」が亡くなったとき、娘は看取って涙を流すべきかと懊悩する43歳女性。その呪縛に怯えて暮らしたくないと吐露する相談者に、鴻上尚史がまず分析した、「親を大切に」という世間のイメージとは。【相談89】

    dot.

    12/29

  • 中学で寮に入った息子に何度もLINEしてしまうと悩む46歳の母親に、鴻上尚史が「子育ては大成功した!」と断言した理由

    中学で寮に入った息子に何度もLINEしてしまうと悩む46歳の母親に、鴻上尚史が「子育ては大成功した!」と断言した理由

     中学で寮生活に入った息子が心配で1日に何度もLINEをしてしまうという46歳の母親。自信が息子の自立に追いつけないと悩む相談者に、鴻上尚史が「子育ては大成功した!」と断言した理由。【相談88】どうし

    dot.

    12/15

  • 「平成世代」の部下にイラつくという35歳男性に、鴻上尚史が説いた「待つ時間が長い人」と「短い人」の違い

    「平成世代」の部下にイラつくという35歳男性に、鴻上尚史が説いた「待つ時間が長い人」と「短い人」の違い

    「平成世代」の部下の仕事ぶりにイライラしてしまうという35歳男性のチームマネージャー。彼らとのつき合い方について問う相談者に、鴻上尚史が贈るリーダーのヒント「待つ時間」の長いタイプ、短いタイプの見分け

    dot.

    12/1

4 5 6 7 8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す