姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • 姜尚中「米国の対中国シフトはウクライナ侵攻によってますます遠のいた」

    姜尚中「米国の対中国シフトはウクライナ侵攻によってますます遠のいた」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * ついにロシアのプーチン大統領がウクライナへの軍事作戦を決行しま

    AERA

    3/2

  • 姜尚中「北京五輪の華々しさの裏に、『異形の大国』の脆弱さをみる」

    姜尚中「北京五輪の華々しさの裏に、『異形の大国』の脆弱さをみる」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 華々しい北京五輪の勢いに乗るように見える中国ですが、構造的な問

    AERA

    2/16

  • 姜尚中「追い詰められたロシア 北京五輪後にウクライナ侵攻の正念場がくる」

    姜尚中「追い詰められたロシア 北京五輪後にウクライナ侵攻の正念場がくる」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 世界がかなりきな臭くなっています。現在、地政学的なリスクが高い

    AERA

    2/2

  • 姜尚中「米軍基地での感染のスプレッダーが日米地位協定の歪さを露呈した」

    姜尚中「米軍基地での感染のスプレッダーが日米地位協定の歪さを露呈した」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 1月9日、日米両政府は在日米軍のコロナ感染拡大の対処策に関する

    AERA

    1/19

  • 姜尚中「長期政権の宿痾と大言壮語は持ち越しか、それとも新年に展望開けるか」

    姜尚中「長期政権の宿痾と大言壮語は持ち越しか、それとも新年に展望開けるか」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 憲政史上最長だった安倍政権の光と影、その功罪を曖昧(あいまい)

    AERA

    12/29

  • 姜尚中「岸田政権を縛る安倍発言 米中の『マジノ線』台湾問題に触れ牽制か」

    姜尚中「岸田政権を縛る安倍発言 米中の『マジノ線』台湾問題に触れ牽制か」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 台湾有事は日米同盟の有事──。安倍晋三元首相の台湾をめぐる発言

    AERA

    12/15

  • 姜尚中「目が離せない韓国の大統領選 日本は日韓関係に風穴を開けられるか」

    姜尚中「目が離せない韓国の大統領選 日本は日韓関係に風穴を開けられるか」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 来年3月の韓国大統領選挙で、与党は弁護士出身で前京畿道知事の李

    AERA

    11/17

  • 姜尚中「政党政治の緊張感を保つには、絶えず目配りできるリーダーが必要」

    姜尚中「政党政治の緊張感を保つには、絶えず目配りできるリーダーが必要」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 今回の総選挙は、自民党が過半数を確保できるかが大きな争点のひと

    AERA

    11/3

  • 姜尚中「岸田首相はハト派かタカ派か アベノミクスと宏池会、葬られるのは?」

    姜尚中「岸田首相はハト派かタカ派か アベノミクスと宏池会、葬られるのは?」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 岸田文雄首相の所信表明でより明確になったのは、ハト派とタカ派の

    AERA

    10/20

  • 姜尚中「岸田新総裁が掲げる中間層の復権 アベノミクスを葬ることができるか」

    姜尚中「岸田新総裁が掲げる中間層の復権 アベノミクスを葬ることができるか」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 蓋(ふた)を開けてみればドラマなき総裁選でした。新総裁となった

    AERA

    10/6

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す