独占インタビューに答えた山本太郎氏 (撮影/小泉耕平撮影)
独占インタビューに答えた山本太郎氏 (撮影/小泉耕平撮影)
この記事の写真をすべて見る
左から、都知事選に立候補した小野泰輔氏、宇都宮健児氏、小池百合子氏 (c)朝日新聞社
左から、都知事選に立候補した小野泰輔氏、宇都宮健児氏、小池百合子氏 (c)朝日新聞社

 無謀な闘いか、大波乱の幕開けか──。小池百合子・東京都知事の圧勝ムードだった東京都知事選(7月5日投開票)に山本太郎・れいわ新選組代表が出馬し波紋を広げている。国民民主党国会議員がこう語る。

【写真】俳優時代の山本太郎

「事前の情勢調査では、小池氏が6割以上の支持を集めて圧倒的に強い。東京都のコロナ対策が評価されているということだろう。山本氏の出馬でどれだけの票が動くか。結果次第で国政にも影響が出る」

 現時点で山本氏の当選は容易ではない。しかし、仮に小池氏に肉薄する結果になれば「若手はれいわになびく」(立憲民主党関係者)と警戒する声もある。

 山本氏の原動力は“怒り”だ。第一声の街頭演説後、安倍政権のコロナ対策について本誌記者から問われると、こうまくし立てた。

「(安倍首相は)貴族みたいな方ですよね。彼らは何年ロックダウンされても大丈夫なんです。でも、庶民は違う。非正規労働で働いている方は、1週間仕事が途絶えたら家賃が払えません。病気もできないし、ケガもできない。ステイホームなんてできないんですよ」

 鋭い舌鋒は、時に野党にも向く。山本氏は野党統一候補とならなかった理由について、次の衆院選で野党の共通公約として消費税を5%にするという約束が実現しなかったことをあげている。消費税引き下げに最も慎重なのは野党第1党の立憲民主だ。街頭演説では「今、苦しんでいる多くの人々を助ける気概もないのに、たいした野党第1党だなという話ですよ!」と怒りを隠さない。

 既存政党との闘いも辞さない山本氏は、自らを「空気を読まない」と公言する。公約には総額15兆円の都債(地方債)を発行しての都民全員への10万円給付など過激な政策が並ぶ。熱狂的な支持者がいる一方で、批判を受けることも多い。

 ただ、実際の山本氏を知る人は一様に「礼儀正しく気配りのある人」と話す。ある省庁の官僚が証言する。

「国会質問のレクに行くと、野党議員では官僚を怒鳴りつけるような人も結構いる。でも、私が知る限り山本さんはそんなことはしない。準備した質問が時間切れで取り上げられず、後で『申し訳ありませんでした』と、わざわざ謝りに来てくれたこともあります」

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
著者プロフィールを見る
吉崎洋夫

吉崎洋夫

1984年生まれ、東京都出身。早稲田大学院社会科学研究科修士課程修了。シンクタンク系のNPO法人を経て『週刊朝日』編集部に。2021年から『AERA dot.』記者として、政治・政策を中心に経済分野、事件・事故、自然災害など幅広いジャンルを取材している。

吉崎洋夫の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪
次のページ