サッカー日本代表W杯ブラジル大会壮行会で熱唱する桜井和寿=2014年5月
サッカー日本代表W杯ブラジル大会壮行会で熱唱する桜井和寿=2014年5月
この記事の写真をすべて見る

 ジャニーズ事務所の期間限定ユニット「Twenty★Twenty」によるチャリティーソング「smile」が6月22日に配信開始された。このユニットにはコロナ禍に疲弊する世の中を元気づけるべく、ジャニーズ所属の全アーティスト(総勢70人以上)が参加。作詞作曲はMr.Childrenの桜井和寿(この作品での名義は、本名の櫻井和寿)が手がけ、8月にはCD化もされる予定だ。

【写真】3度の不倫でも仕事を干されなかった有名女優はこの人

 このコラボについて、嵐はこんなコメントを発表した。

「コンサートにも足を運んでおり、幼少の頃から聴いている櫻井さんが制作された楽曲を歌えること、とても光栄に思います。櫻井さんの紡ぐメロディー、そして歌詞を耳にした時、物理的に離れざるを得ない今だからこそ、人と人が心で繋がることの尊さを改めて感じて、心が温かくなりました」

 たしかに、桜井は嵐のメンバーが生まれた数年後にはミスチルの前身となるバンドを結成。そして、1992年のデビュー以降、グループ外での活動も含め、数々のヒット曲を生み出してきた。そのなかにはドラマや映画、CM、チャリティーなどに絡んだものも多く、Jポップのタイアップ王ともいうべき存在だ。

 その一方で、彼は97年に不倫騒動を起こした。バッシングに遭い、ミスチルも活動停止を余儀なくされたものだ。また、彼と同学年のアーティストで、同じくタイアップ王的存在だった槇原敬之は今年、クスリによる二度目の逮捕で謹慎状態だったりする。

 そんなことを思うと、桜井が30年近くにわたって、このポジションに君臨できているのはすごいことなのではないか。その理由を考えるためにはやはり、23年前の不倫騒動を振り返る必要があるだろう。

 不倫が発覚した当時、彼は26歳。半同棲の相手はセクシーアイドルグループのメンバーだった。しかし、彼にはその3年前に結婚した元レコード会社社員の妻がいて、長女も授かっていた。5歳上の妻はミスチルの宣伝も担当し、そのブレークに貢献した人でもある。ただ、桜井の心はすでにそこにはなかった。「週刊女性」の取材では、

「僕は、いい人なんかじゃない。自分のやっていることはわかってるつもりです。キレイごとでなく、自分が誰をいちばん傷つけているか……」

 としながらも、「僕が帰る家は、彼女と一緒の家です。これからも、ずっと」とキッパリ言い切っていたものだ。

著者プロフィールを見る
宝泉薫

宝泉薫

1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など

宝泉薫の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ
桜井が自分に課した「みそぎ」