※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)
この記事の写真をすべて見る

 小学3年生で高校数学をマスター、青山学院大学に進学し、2019年には独学で宅建試験に一発合格。数々の伝説をもつジャニーズきっての頭脳派、川島如恵留(Travis Japan)が、“米と海苔”でしのいだ大学生活を振り返る。文章を書くコツや勉強への姿勢は受験生や大学生は必見!

【写真】川島如恵留さんが飾った週刊朝日の表紙はこちら

前編/高学歴ジャニーズJr.川島如恵留「受験のきっかけはなんでもいい。僕みたいに新しい場所を探すためでも」】より続く

*     *  *

──ジャニーズの仲間に勉強を教えたことは?

 メンバーが高校生くらいのときは、教えたことありますね。あとはご本人も公言してますが、(Snow Manの)渡辺翔太くんの卒論の下書きをしたことがあります(笑)。内容は覚えてないです。何千文字かちゃんと書いたやつを「このまま出しちゃだめですよ」ってお渡ししました。

──川島さんはブログが長文なことでも有名ですが、論文・小論文ふくめ、文章を書くコツは?

 木彫りのを作るイメージです。でっかい丸太を切り取って熊の形にして、最後に磨いてニスを塗って手触りをよくする。

 小論文もそうですけど、トピックについて書くだけだったら誰でもできるけど、そのトピックと自分を融合させたものが唯一無二の作品になる。そう考えて丸太を切り取るのも大事だと思います。

 まず書きたい要素を並べたレジュメを作って、そこにどんどん肉付けする。書きたいだけ書いたら、本筋に関係ない内容を消していく。それから、読んだときに文章がスッと入ってくるように、よりわかりやすい言葉や表現を探して整えます。月1回の長いブログは、書くのに14、15時間くらいかけてますね。

──青山学院大学の総合文化政策学部に進んだ理由は?

 仕事と両立するため、大学で文転しました。青学が新しく造った「アスタジオ」っていう施設を唯一自由に使えるのが総文政だったんですよ(笑)。パソコンも会議室もなんでもある。せっかく高い学費を払うなら、ここがいいやん!って。

 空間情報学を専攻して、GPSを使ったアプリケーションの開発とかを学びました。

──学費は一部、自分で払っていたそうですね?

 親は国立に行かせる教育方針だったので、「学費は国立の分までしか出さない」と。国立との差額は自分で払いました。

 その分、食費は切り詰めましたね。ゼミの研究室に炊飯器を持ち込んで、2限が始まる前にスイッチをぽちっとして、昼休みに味つけ海苔とかお茶漬けで食べてました(笑)。

 でもその不自由さには感謝してるんです。大学生活でもったいないことがないようにって思いが芽生えて、授業をしっかりとった。卒業要件が130単位くらいのところ、170単位とりました。

著者プロフィールを見る
大谷百合絵

大谷百合絵

1995年、東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。朝日新聞水戸総局で記者のキャリアをスタートした後、「週刊朝日」や「AERA dot.」編集部へ。“雑食系”記者として、身のまわりの「なぜ?」を追いかける。AERA dot.ポッドキャストのMC担当。

大谷百合絵の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ
次のページ