人気YouTuberのHIKAKIN
人気YouTuberのHIKAKIN

昨年の「今ごろ」に話題になっていたニュースや出来事などを振り返ります。この記事は「AERA dot.」で2023年5月10日に掲載されたものです(年齢や肩書などは当時のまま)。

【写真】「ヒカキンは僕の弟子」と語る人気YouTuberはこの人

*  *  *

 5月9日、人気YouTuberのHIKAKINが手掛ける初ブランド「HIKAKIN PREMIUM(ヒカキン プレミアム)」より『みそきん 濃厚味噌ラーメン』『みそきん 濃厚味噌メシ』が発売された。製造は食品大手メーカーの日清食品が担当し、販売はセブン‐イレブンの全国店舗で順次展開される。『みそきん』は、HIKAKINが活動休止までして約1年かけて準備を進めてきた「夢」の商品。ネットでは賛否両論飛び交っているが、いったいどんな味なのか。忖度なしで、本サイト記者が試食してみた。

 5月8日夕方。もしかしたら『みそきん』が発売前日に店頭に並ぶこともあるかと思い、自転車とバスに乗ってセブン‐イレブンの都内店舗を探し回った。だが、その時点ではまだ置いておらず、店員に聞くと「午後8時半ごろ荷受けして、検品してから午後9時ごろには店頭に並べます」とのこと。午後9時とはいえ、前日に食べられるのだから幸せこの上ない。実は、筆者は4月に『みそきん』の発売が公表されたときから、どんな味になるのかワクワクしながら待っていたのだ。

 もうすぐ食べられる……と胸の高鳴りを抑えつつ、2時間ほど時間をつぶした。そして午後9時前に再度、同じ店を訪れたところ、『みそきん』のカップ麺とカップ飯が30個ほど棚に並んでいた。キタ──ッ、早速2種類ともゲットして自宅に戻った。

  興奮に震える手で、まずはカップ麺から開封する。「HikakinTV」でHIKAKINがうまそうに麺をすすっていた光景が目に浮かぶ。ラーメン好きが高じて、全国のラーメン店を旅して回っていたHIKAKINが満を持してつくったラーメンだけに期待が高まる。

 いよいよ実食。カップ麺には小袋の「特製香味油」が添えられていたので、お湯を注いでから、半分くらい入れてみた。

 ちぢれ麺の上にはネギとモヤシが乗せられ、見た目も申し分ない。一口すすると、白みそとゴマ、ニンニクの濃厚な風味が口の中でパァーッと広がり、香ばしい。続けて2口、3口と食べ進めて一気に完食かと思いきや、途中で箸が止まってしまった。どうにも味が濃すぎる上に、辛味も強い。一気食いするには、ちょっとハードルが高い味付けなのだ。

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
次のページ
発売当日に売り切れた店舗も