大竹しのぶ

 テレビでもたびたび仲むつまじい姿を見せる女優の大竹しのぶ(66)と明石家さんまの元夫妻。最近では、4月27日に21年ぶりに放送されたギャグドラマシリーズの最新作「心はロンリー 気持ちは『…』FINAL」(フジテレビ系)での共演が話題となった。

【写真】あどけなさが残る18歳ごろの大竹しのぶはこちら

 放送に先立ち、大竹は「あの『心はロンリー』をまた作ることができるなんて、さんまさんは本当に幸せだろうなと思いました」とコメント。また、「たぶん皆さんが思っているより、かなり真剣です」と俳優としてのさんまをベタ褒めし、久々のドラマ出演をバックアップ。離婚して30年以上がたった今も“別れてもいい夫婦”をアピールした。

「放送では、取調室に2人きりとなり、丁々発止のやりとりを繰り広げました。しかも内容は陣内智則の持ちネタ『それ、ワシのことやないか!』を交えつつ、ドラマとは無関係のはずの娘・IMARUや長男の二千翔(にちか)の恋愛話など、プライベートでのエピソードをアドリブで暴露し合うというもの。2人のセリフの応酬には、『相性抜群』『さんまとしのぶのプライベートアドリブ合戦www爆笑不可避』などSNSも大盛り上がりでした」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 一方、「心はロンリー」に先駆けて放送された「PICU 小児集中治療室 スペシャル 2024」(フジテレビ系、4月13日放送)では、吉沢亮演じる主人公の母親役で出演した大竹。2022年に放送された同ドラマではがんで病死するという設定で、今回は回想シーンでの出演。大竹・吉沢の2人が醸し出す本当の親子のような空気感には多くの視聴者が魅了されたようで、SNSでは「大竹しのぶさんの声だけで泣ける」などの声が上がった。

著者プロフィールを見る
雛里美和

雛里美和

ライター。新宿・十二社生まれの氷河期世代。語学系出版社から邦ロックシーンを牽引するライブエージェント(イベンター)を経て、独立。教育からエンタメまで幅広い分野で活動する。

雛里美和の記事一覧はこちら
次のページ
実際は頭も切れて洞察力もある