元プロゴルファーの古閑美保さん(撮影/写真映像部・上田泰世)

 ゴルフの実力もさることながら、バラエティー番組でも歯に衣(きぬ)着せぬ物言いでお茶の間の人気者となったプロゴルファーの古閑美保さん(41)。現役を退いた今は、講演会やトークショー、YouTubeなどでゴルフの魅力を発信している。しかし、引退直後はゴルフを拒絶していた時期もあったという。プロゴルファーをやめてからの日々を聞いた。

【写真】14歳ごろ「美少女ゴルファー」だった頃の古閑さん

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*  *  *

「引退してから2年くらいは、普通の生活ができませんでしたね」

 聞きなじみのあるハスキーな声で、古閑さんは言う。

「朝も遅い時間まで寝ていられなかったですし、家でのんびりするとか、ゴロゴロするとかもできなかったんです」

 幼いころから競技スポーツの世界で生きてきた古閑さんは、プロゴルフという“戦場”から退いたあと、「日々の過ごし方がわからなかった」のだという。

「古閑家は『プロ志向』が強くて、10歳でゴルフを始めたころから、トッププロを目指して、日々なにかとずっと勝負してきたんです。気を張っていることが日常で、自分がプレッシャーを受け続けてきたということに、引退してからやっと気づくほどでした。現役時代は1日20時間ぐらいゴルフをやっている感覚で、練習だけじゃなくて、やっぱり体づくりも大事ですし、食事とかの時間も全部ゴルフに費やしていたので、『24時間じゃ足りない!』って思っていました。けど、引退した瞬間、私から何もなくなって、そうすると逆に24時間が長すぎて長すぎて……」

著者プロフィールを見る
唐澤俊介

唐澤俊介

1994年、群馬県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。朝日新聞盛岡総局、「週刊朝日」を経て、「AERAdot.」編集部に。二児の父。仕事に育児にとせわしく過ごしています。政治、経済、IT(AIなど)、スポーツ、芸能など、雑多に取材しています。写真は妻が作ってくれたゴリラストラップ。

唐澤俊介の記事一覧はこちら
次のページ
「私、何のためにこれやってるんだろう」