写真はイメージです(Getty Images)

 日本初となる内臓脂肪を減らす薬「アライ」(大正製薬)が、4月8日から発売される。肥満に悩む人には朗報だ。肥満の専門医は、アライが減量の「主役」にはならないと指摘しつつも、意外な“効果”が生まれることに期待を寄せる。

【図表】体重に掛け算するだけ! 必要たんぱく質速算表はこちら

 大正製薬のホームページでの解説によると、アライは医師の処方箋(せん)無しで薬局で購入できる。ただ、薬剤師の対面が必須な「要指導医薬品」で、購入できる人は、18歳以上▽腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上▽服用の3カ月前から運動や食事などで生活習慣改善の取り組みを行っていること▽肥満に関する病気にかかっていない、などの条件を満たしている必要がある。 

 脂肪の吸収を抑える薬で、食事でとった脂肪の約25%が便として排出されることが期待できるという。 

副作用への対策が必要

 一方で、脂肪が多く排泄(はいせつ)されるため、下痢や軟便の副作用が想定され、おならと一緒に便や油が出てしまったり、勝手にお尻から油が出たりする可能性もあるという。副作用への対策も考えなくてはならない。 

 それでも1日3回の服用で価格は30日分(90錠)が8800円。肥満に悩む人は飛びつきたくなるかもしれない。 

「食事の中で一番カロリーが高い脂肪を排出させるという、わかりやすい薬です。同じ量を食べても、摂取カロリーが減るのですから一定の肥満改善効果は期待できると思います」

 と話すのは、肥満の専門医で関西医科大の木村穣・健康科学センター長。 

 ただ、木村さんは、 

「アライはあくまで補助的手段で、肥満改善のメインの手段にはなり得ません」 

 とくぎを刺す。服用したからもっと食べていい、運動しなくていい、では本末転倒だ。

 また、ダイエット目的の「やせ薬」と誤解するのも危険で、 

「カロリーを減らす必要がない人が服用すれば、痩せて病気になったり、脂肪の排出により脂溶性ビタミンが不足したりするなどの栄養障害を起こし、疲れやすくなる、免疫力が落ちるなどのリスクが生じます」 

 と強く指摘する。 

著者プロフィールを見る
國府田英之

國府田英之

1976年生まれ。全国紙の記者を経て2010年からフリーランスに。週刊誌記者やポータルサイトのニュースデスクなどを転々とする。家族の介護で離職し、しばらく無職で過ごしたのち20年秋からAERAdot.記者に。テーマは「社会」。どんなできごとも社会です。

國府田英之の記事一覧はこちら
次のページ
「水を飲んで太っただけ」と本気で話していた患者が